〔邦楽/洋楽〕結婚式の新郎謝辞に使いたい曲・BGMまとめ

結婚式に来ていただいたゲストへ感謝を伝える、新郎からの謝辞。ラストを飾る大切なシーンだからこそ素敵な曲を選びましょう。この記事では、結婚式の結びとなる新郎謝辞にオススメの曲・BGMを「邦楽」「洋楽」ごとに分けてご紹介します。

目次

邦楽編

家族になろうよ-福山雅治

ゼクシィのCMでおなじみ。福山雅治のヒット曲「家族になろうよ」は結婚式の定番ソングです!曲のタイトルから結婚式にピッタリで、理想の家族像を描いた心温まる歌詞も魅力。新郎謝辞にオススメです。

道標-福山雅治

命をテーマにした「道標」は、どんな時も温かく見守り、今の人生に大きな影響を与えてくれた大切な人に捧げる曲にピッタリ。愛で溢れた歌詞を聴いて、思わず涙する新郎も多いんだとか。

ありがとう-大橋卓弥(スキマスイッチ)

新郎向けのウェディングソングとして人気のある曲。“ありがとう“というタイトルどおり、父母に感謝の気持ちを綴った曲になっているので、感謝を伝える新郎謝辞にオススメです。

栄光の架橋-ゆず

2004年アテネオリンピックのテーマソングで話題になった「栄光の架橋」。夢と希望に満ちたこの曲は結婚式にも人気があり、ふたりの将来の意気込みを語る新郎謝辞にピッタリです。

キセキ-GReeeeN

ドラマ「ルーキーズ」の主題歌に起用されたGReeeeNの「キセキ」は幅広い世代に好評で、結婚式の曲としても人気。“巡り合えたことの奇跡“への感謝に満ちた感動の一曲です!

洋楽編

Let it be-The Beatles

ザ・ビートルズの名曲「Let it be」。落ち着いた雰囲気の中で新郎謝辞をしたいなら、この曲がオススメです。親世代には特に人気があるので、謝辞のシーンにLet it beをBGMにすればきっと喜んでいただけるはずです。

The Rose-Bette Midler

この曲も幅広い世代に知られ、誰もが一度耳にしたことがあるはず。しっとりと壮大なサウンドと愛あふれる歌詞が、聴く人に涙を誘います。新郎謝辞や結婚式のラストにピッタリの曲です。

I Don't Want To Miss A Thing-Aerosmith

映画「アルマゲドン」の主題歌として知られている名曲、エアロスミスの「I Don't Want To Miss A Thing」。壮大でドラマティックな曲調と歌詞は、結婚式のラストを感動的に演出します。

your song-Elton John

結婚式の曲としても人気があり、ピアノの弾き語りがとてもロマンティックな大人のラブソングです。感謝の気持ちを伝える謝辞は感動的にしたい新郎さんにオススメの一曲です。

Little Things-One Direction

世界的アーティスト・One Directionのバラード曲「Little Things」は、優しく温かな雰囲気を作ってくれるアコースティックラブソングです。新郎謝辞はアットホームに締めくくりたいという方にぜひ!

まとめ

A79b4e1cbbc3539d19852f2b15bc72e0

出典:www.pinterest.jp

今回は新郎謝辞にオススメの曲・BGMをご紹介しました。

新郎謝辞は結婚式を締めくくる大切なシーンです。両親やゲストへの感謝を込めたスピーチをより引き立たせてくれる曲を選んで、心に残る謝辞にしましょう。