知らなきゃ損!結婚式のお得な時期や日取り決めの裏ワザ♡

結婚式の日取り決め&式場探しをするおふたりは必見!!時期・お日柄・時間帯をうまく選べば、費用が安くなったりスペシャル特典が付いたりと、通常と内容は変わらないままでお得に結婚式を挙げることができる!?“式場が空いている時に挙げたい“少しでも安く抑えたい“という新郎新婦の日取り決めの参考に、お得な時期や日取りの選び方をご紹介します♡

目次

⑴ 人気の時期は避けて“オフシーズン“

Fotolia 129571424 xs

まず1つ目は、結婚式のオフシーズンを狙う方法。人気の高い春や秋と比べて、季節的に過ごしにくい6月〜7月、12月〜2月ごろは通常よりも料金が低く設定されているお得な時期!

ジューンブライドとして知られている6月は、梅雨の時期と重なるということもあって人気のシーズンと比べると結婚式の件数が少なめなので、6月も実は穴場なのです。

ちなみに結婚式のオフシーズンは暑さや寒さが厳しいため、野外での式はなるべく避けましょう。開催するのであれば、ゲストが快適に過ごせるような配慮を忘れずに♩

⑵ お日柄を気にしないなら“仏滅“

Fotolia 30963678 xs

結婚式は大安に挙げるべき!仏滅はダメ!とよく聞きますよね。昔も今も大安の日が人気ですが、仏滅の日限定で費用割引や特典が付いた『仏滅プラン』を用意する結婚式場が多く、大安の日と変わらない内容でお得に式を挙げることができます。

お日柄にこだわらないおふたりなら、あえて仏滅を選ぶのも手。その場合、家族の中に気にする人もいると思うので、事前に親に相談して決めるようにしましょう。

⑶ 休日よりもお得な“平日“

%e4%b9%be%e6%9d%af

自分たちはもちろん、平日だとゲストが仕事を休まなければならないという理由で、土日を選ぶカップルがほとんど。ですが、土日に比べて式の費用がリーズナブルでお得になる『平日プラン』というものも多くの結婚式場で用意されています。

親族のみ・少人数の結婚式が希望、ゲストの多数が平日に休暇がとりやすいという場合は特におすすめです◎

⑷ 昼間とは一味違う“ナイトウェディング“

Fotolia 137309361 xs

夕方〜夜の時間帯の結婚式『ナイトウェディング』はとてもお得!昼間より費用がリーズナブルで人気の式場も予約が取れやすく、ライトアップされた幻想的な空間でロマンティックな結婚式が叶う人気のプランです。特に金曜日の夜が人気なんだとか♩

ただし、遠方からのゲストは宿泊の手配が必要になるので、都合を聞いてから決めるようにしましょう。

⑸ 3カ月以内のお急ぎ婚は“直前プラン“

Fotolia 170732746 xs

“時期にこだわりがない““急に式を挙げることになった“というおふたりも、お得に結婚式ができるプランがあります。それが『お急ぎ・直前プラン』です♡

お申し込みから約2〜3カ月以内の式が対象のおふたりは、直前割引をしてくれるプランをぜひ活用しましょう。空いている日にちがあると、通常の結婚式費用よりもリーズナブルで、そのプラン限定の特典がついていたりと、新郎新婦にとってお得なことがたくさん!

結婚式場によって対象期間が異なるので、気になる式場が見つかったら一度問い合わせてみてください。

まとめ

料理、ドレス、ブーケ、引出物・・・結婚式を挙げるのに何かとお金がかかるもの。通常よりもお得な時期や日時を選べば、浮いたお金を料理や演出にまわすことができのも魅力ですよね♩結婚式全体の費用が安くなるだけでなく、貸切が難しい専門式場やホテルも、普段よりも組数が少ないので貸切感あるプライベートな結婚式が叶うことも!

ご紹介した内容を参考にぜひ検討してみてください♡