結婚式二次会の会費はいくら?相場と決め方について

出典:bridesmaidforhire.com

結婚式二次会準備の重要なポイント!会費の決め方次第でゲストの満足度も変わってくるので、予算に関しては幹事と新郎新婦でしっかり話し合うようにしましょう。この記事では、結婚式二次会の会費の決め方について詳しくご紹介します。新郎新婦と幹事さんは必読です!

目次

① 会費で賄うか、新郎新婦の負担はどうするか

Fotolia 126370872 xs

二次会の会費はゲストからいただく会費で賄うのが一般的ですが、会費だけで賄うようにしてしまうと、ゲストの負担額が大きくなってしまいます。

そのため、新郎新婦にもある程度負担をしてもらうのがベスト。招待状や会場装飾、ゲームなどの景品代は新郎新婦が負担することが多いようです。

二次会の予算の決め方として、新郎新婦がいくら負担できるのかを聞いてから全体の予算を決めていくと良いでしょう!

② 会費をいくらにするか決める

Fotolia 141905870 xs

二次会の会費は「5000円~7000円」が相場。地域ごとによって会費の額は違うようで、主に関東では料理や演出、衣装にこだわる傾向が多く、ランクが高くなるため会費が高めになっています。

また、料理やドレスにこだわるというよりも、歓談や余興をメインにして皆で楽しめる二次会スタイルにすると、会費を比較的リーズナブルにすることができます。

男女ごとの会費の決め方

【会費の例】
■男性…6000円
■女性…5000円

二次会の会費は女性よりも男性の方が多めに払うのが一般的です。男性の方が食べたり飲んだりする量が多いことと、女性の方が身だしなみにお金がかかるという理由があります。かといって、あまり会費に差をつけてしまうと不満が出てきてしまう可能性も考えられます。

そのため男女での会費の決め方のポイントとして、差額は「500円~1000円」程度にしましょう。

③ 打ち合わせの費用はどうするか

Fotolia 117741640 xs

二次会に向けて何度か打ち合わせをするかと思います。その打ち合わせ費用は誰が出すのかをハッキリさせておくと良いでしょう。

顔合わせや会場の下見に掛かる打ち合わせ代は、基本的に新郎新婦が持ったほうが○。自分たちのために動いてくれている幹事のためにそういった配慮は必要になります。

また、幹事たちが気を利かせてご祝儀代わりといって自腹を切るケースもありますが、打ち合わせの費用に関しては新郎新婦と幹事で話し合い、しっかりと決めておくようにしましょう!

まとめ

今回は二次会の会費の決め方などの費用についてご紹介しました。

“とことんお洒落な雰囲気にしたい““歓談がメインのカジュアルなスタイルにしたい“。会費や予算の決め方として、このようにどんな二次会にするのかを決めてから進めていくと良いです。

ゲストの負担額が大きくなりすぎないように、新郎新婦側もある程度負担するようにしましょう!