いくら掛かる?ウェディングケーキの値段相場と節約方法

結婚式に欠かせないウェディングケーキ。その相場ってどのぐらいなのか、気になるところですよね。ウェディングケーキの種類や形によって相場が異なるので、少しでも節約したいという方はケーキごとのおおよその値段を知っておくと安心です。今回はウェディングケーキの値段の相場や節約する方法を詳しくご紹介します。

目次

ウェディングケーキの予算はいくらぐらい?

Fotolia 156453849 xs

披露宴では定番となっているウェディングケーキですが、値段はどれくらい掛かるのか気になりますよね。

値段は式場によって異なりますが、ウェディングケーキの相場はゲスト1人あたり「1000円~1500円」。シンプルな生ケーキであれば1000円×人数、装飾やデザインにこだわるなら1500円×人数分が一般的です。また、ケーキの“種類“ごとに値段が異なり、それぞれにおおよその相場が決まっています。

ウェディングケーキの種類ごとの相場

・フレッシュケーキ
生ケーキとも言われる生クリームをスポンジに塗った定番のタイプ。値段は「5〜7万円」くらいが相場になります。

・イミテーションケーキ
イミテーションケーキは本物のケーキの上に飾りとしてイミテーションのケーキを飾りつけたウェディングケーキで、値段は「1〜3万円」と比較的フレッシュケーキよりも相場が安くなっています。また他のケーキと比べても相場が安く、豪華な見た目でありながら節約することもできます。

・クロカンブッシュ
たくさんのシュークリームをタワー状に積み上げたフランスの個性的なケーキで、基本的に相場はフレッシュケーキと同じくらいですが、ゲストの人数に合わせてシュークリームの数を増やして大きくする場合があるので、物によっては値段が10万円を超える場合もあります。

・シュガーケーキ
クリームを使用せず砂糖細工を施すデザイン性の高いシュガーケーキ。2段、3段と積み上げるごとに値段が高くなるため、相場にはばらつきがありますが、2段で「5〜7万円」、3段で「8〜10万円」ほどになります。

形によって値段の相場が変わる!

ケーキの種類によって値段が異なりますが、“形“によっても値段が変わってくることもあります。ケーキ代を節約したい場合は出来るだけシンプルな形ものを選びましょう。

スクエア型

Fotolia 131872087 xs

長方形や正方形など四角い形をしたスクエア型のケーキ。もっともシンプルな形のケーキで、ほかの形と比べて値段の相場が安い傾向があるので、ケーキ代を節約したいカップルにもお勧めです。大きさによっても値段は異なりますが、だいたいの相場が「2〜3万円」ほどとなっています。

ホール型

Fotolia 85244597 xs

お皿のように丸く、スクエア型と並んで一般的な形であるホール型のケーキ。丸い形ということもあってスクエア型よりもコンパクトなサイズが多く、少人数での披露宴にぴったりです。こちらも大きさによって値段が異なり、フレッシュケーキの場合は「2〜4万円」くらいが相場となっています。

ハート型

Fotolia 142128479 xs

キュートなハート型のケーキもあります。特に女性に人気が高く、ホール型よりもボリューム感を出すことができます。値段はホール型よりも高いケースが多く、「3〜5万円」くらいが相場となっています。飾りづけをしなくても可愛らしさ満載のウェディングケーキになります。

3段重ね

Fotolia 164307017 xs

3段重ねのウェディングケーキは見た目が豪勢でボリュームもあり、迫力のあるケーキに仕上がります。他の形よりも手間がかかるため、フレッシュケーキで「10〜15万円」くらいが相場となっています。

上手く節約するポイント

Fotolia 135782076 xs

ウェディングケーキを少しでも値段を安く節約したいカップルも多いと思います。節約したい場合は「形」「装飾」「大きさ」「イミテーションを使用する」「ケーキ屋さんに注文する」などがポイントとなるので、これらをよく考えて上手に節約しましょう。

ポイント① 形で予算を調整する

先ほども紹介した通り、ケーキの形によって値段や相場が異なります。そのため、なるべくシンプルな形のケーキを選ぶことでケーキにかかる値段を節約することができます。一般的に“スクエア型“と“ホール型“は他の形と比べて値段が安く、ケーキ代を節約したい場合はこれらの形を選ぶようにしましょう。

ポイント② ケーキの装飾をシンプルにする

ケーキの飾り付けを豪華にするとその分値段が上がってしまいます。たくさんのフルーツをのせたり、新郎新婦のケーキトッパーや砂糖菓子でゴージャスな飾り付を行うなどをすると値段が上がるので、節約したいという場合は出来るだけシンプルなデザインを選ぶようにしましょう。

ポイント③ ケーキの段数を減らす

ケーキを2段、3段と積み上げていくとどうしても値段の相場が上がってしまいます。3段ケーキになると、大きさにもよりますが10万円近い値段がかかることがあるので、節約したい場合はケーキの段数を減らすようにしましょう。

ポイント④ イミテーションケーキにする

ケーキ代の値段を抑えたい、節約したいという場合はイミテーションケーキがお勧めです。ケーキカットをする部分以外がイミテーションとなっているため、値段の相場がフレッシュケーキなどと比べると安いです。また、高さがあって見た目も豪勢になるので、ゲストに気づかれずにさりげなく節約できちゃいます。

ポイント⑤ ケーキ屋さんに依頼して持ち込む

ケーキ代を節約したいという場合は自分たちで持ち込むという方法もあります。ブライダル専門のケーキ屋さんにウェディングケーキを依頼して持参することで、通常よりも値段を安く抑えられます。ただし、式場によっては持ち込み料が発生する場合があるので、それほど節約にならないこともあるので注意が必要です。持ち込みたい場合は事前に相場と持ち込みの可否を確認しておきましょう。

まとめ

このようにウェディングケーキの値段は種類や形によって値段の相場が異なります。披露宴にかかる費用を少しでも節約したい場合はケーキの相場もきちんと把握しておくことが大切です。

一般的にイミテーションケーキ、フレッシュケーキ、クロカンブッシュ、シュガーケーキの順で相場が高くなっているので、少しでも節約したいという場合はイミテーションケーキかフレッシュケーキ、形はスクエア型かホール型がお勧めです。

ウェディングケーキにかける予算をふたりでよく話し合い、素敵なウェディングケーキを作り上げてください。