会費制レストランウェディングが知りたい!ご祝儀との違いや相場について

近年注目されている“会費制の結婚式“をご存知ですか?一般的なご祝儀制とは違って指定した金額をいただいて結婚式を楽しんでもらう方法で、レストランウェディングを中心に会費制を行うことができます。カジュアルな結婚式や1.5次会、あまりお金をかけられない、ゲストの負担を少なくしたいなどの理由で会費制の形をとるカップルが増えています。ここでは会費制のメリット、ご祝儀制との違い、平均の相場を紹介します。

目次

会費制の結婚式がブーム!?

Fotolia 124110567 xs

結婚式に招待されたゲストはご祝儀を持って式に参加することが多いですが、最近では“会費制“の結婚式を開くカップルが増えつつあります。会費制は主にレストランウェディングのように比較的カジュアルな結婚式を希望するカップルに多く見られます。

ご祝儀制と会費制の違い

%e4%b9%be%e6%9d%af

ご祝儀制とは?

結婚式に参加するゲストが新郎新婦へのお祝いとしてご祝儀を渡す従来の形を「ご祝儀制」といいます。ご祝儀には結婚式に参加するゲストが自分にかかった費用を自分で負担するという意味や、結婚のお祝いの心付けなどの意味があります。

ご祝儀制の場合は会費制と違ってはっきりと金額が決められているのではなく、基本的にご祝儀は奇数であることが一般的で、ご祝儀の金額の目安は3万円〜が相場となっています。金額が偶数だと「割り切れる数字=別れ」の言葉を連想してしまうことから縁起が悪いと言われています。

会費制とは?

会費制の場合は受付で“会費(決められた金額)“を支払い参加します。主にレストランウェディングで行われることが多く、結婚式にそれほどお金をかけたくない、形式にとらわれずカジュアルな結婚式を楽しみたいというカップルの間で人気となっています。ご祝儀とは違い、金額が明確に決められているという特徴があります。

それぞれのメリットを比べよう!

ご祝儀制のメリット

%e6%8a%ab%e9%9c%b2%e5%ae%b4

ご祝儀制の場合は正確な金額は決められていませんが、相場が3万円以上と大きい場合が多いため結婚式にお金をかけやすくなります。披露宴にかかった金額をご祝儀からある程度回収できるので、盛大な式を挙げやすくなり、料理や引き出物にもお金をかけることができます。なので、ゲストに充実したおもてなしを受けてもらうことができるというメリットがあります。

会費制のメリット

Fotolia 165195905 xs

会費制の結婚式は比較的、低予算で式を挙げることができます。結婚式のおよそ半分ほどは会費でまかなわれるため主催者側の負担が軽くなり、低予算なので引き出物の金額も最小限に抑えることができます。また、会費制はご祝儀制よりもゲストの負担が少ないため、気軽に参加してもらえます。インフォーマルな式である場合が多いため、形式的な内容を省いて落ち着いたムードでゲストと披露宴を楽しむことができるというメリットがあります。

会費制の場合はいくらが相場?

Fotolia 50590976 xs

金額が決まっていないご祝儀制とは違い、会費制の場合は式ごとに明確な会費が決められています。会場や式の内容によっても金額は左右されますが、大体の場合は「1万円〜2万円」ほどが相場となっており、主にご祝儀よりは安く、二次会の会費よりは高く設定されることが多いようです。また、会場の貸切料や料理の内容などによっては会費制でも2万円位上かかることもあります。

それとは別にご祝儀は必要?

会費制の結婚式の場合は、会費とは別にご祝儀を用意してもらう必要があるのかを疑問に思う方も多いのではないでしょうか。

基本的に会費制の場合はご祝儀は必要ありません。そのため、受付で会費をいただくだけでそれでOKとなります。ご祝儀というものはあくまでも気持ちなので、もしいただいた場合は後日しっかりとお礼をしましょう。

まとめ

Fotolia 162986289 xs

レストランウェディングをはじめ、カジュアルな結婚式を希望するカップルを中心に人気を集めている会費制のウェディング。主に、低予算で結婚式を行えるという点と、比較的カジュアルで形式にとらわれない自由な結婚式を楽しめるという点が人気の理由となっています。

また、ゲストへの負担が減るというメリットがあるため、気軽に招待することができるのもメリットの一つといえるでしょう。そのため、会費制はゲストにご祝儀で気を遣わせたくない、形式を省いたアットホームな式を挙げたい、結婚式にあまりお金をかけられないというカップルにぴったりの結婚式となります。