ホテルウェディングの特徴は?メリット&デメリット、結婚式の費用を解説!

昔から人気の高いホテルウェディング。数々の結婚式場のタイプがある中で、“安心感がある““ゲストから好評価“などと、ホテルでの結婚式は様々なメリットがあります。反対にデメリットもあるため、よく考えた上で式場を選ぶ必要があります。そこで、ホテルウェディングの魅力やメリット、デメリット、結婚式の平均費用などを詳しく解説していきます。

目次

ホテルウェディングとは?

06

ホテルウェディングとは、ホテルに併設された挙式会場や披露宴会場で行う結婚式のことです。チャペル以外にも神殿を設けているところもあり、教会式だけでなく神前式も執り行うことができます。また、披露宴会場がいくつか用意されているので、少人数〜大人数まで対応でき、格式高く豪華な結婚式が叶います。

初めてホテルウェディングが行われたのは1923年で、“ホテル御三家“とも呼ばれている帝国ホテルで行われました。当時、帝国ホテル内にあった広い食堂の客席を埋めるために考えられたのがホテルウェディングで、一躍話題となり、結婚式を行うカップルの3割はホテルウェディングで式を挙げるようになったのです。

今でも根強い人気を誇るホテルウェディングは、他の式場とは違ってどんな魅力やメリットがるのか、デメリットはあるのか、結婚式の費用をチェックしましょう。

ホテルで結婚式を挙げるメリット

Fotolia 152224872 xs

ホテルでの結婚式は、知名度の高さ、サービスの質、豊富な設備、アクセスの良さなど様々な利点があります。

① 知名度と格式 の高さ

世界的ブランドや地元に親しまれる知名度のあるホテルで、格式高い結婚式を挙げられるのが魅力です。昔からホテルで式を挙げることは“格が高い“というイメージがあり、どの世代の方にも好評で、結婚式といえばホテルという人も多いです。

ホテルウェディングブームの火付け役である帝国ホテルで行われて以来、現在までホテルで多くのカップルが結婚式を挙げてきたという歴史があるため、親族や高齢のゲストには特に好評。そのため、「ホテルで結婚式を挙げれば間違いない!」という安心感があります。

② 一流のサービスを受けられる

ホテルウェディングといったら、一流のホスピタリティも魅力です。基本的に他の式場と比べて、設備が充実しているところが多く、行き届いたサービスを受けることができます。

日頃から宿泊客を迎えて接客をしているということもあって、非常にサービスの質が高く、カップルの希望にも臨機応変に対応してくれます。多くのカップルの結婚式を執り行ってきたため、対応がスムーズで安定感があり、式後のアフターサービスにも優れています。

③ 立地・交通の便がバツグン

ホテルは基本的に立地が良いところが多いため、交通の便に優れています。最寄駅から近い場合が多いため、徒歩で参加することができたり、送迎バスを運行しているなどとアクセスが抜群。また、駐車場が完備されているホテルがほとんどなので、車で向かうゲストも安心です。

④ バリアフリーなど設備が充実

ホテルによって異なりますが、完全バリアフリーになっているところが多いため、車椅子に乗っているゲストや高齢ゲストも快適に過ごすことができます。また、広々としたクロークや更衣室、パウダールーム、ラウンジなども用意されているなど設備が充実しています。

⑤ そのまま宿泊できる

ホテルウェディングは式を挙げた後にそのまま宿泊することができるので、宿泊先を探す必要がありません。宿泊の手配が楽というのもメリットです。ホテルなら遠方のゲストも招待しやすく、安心して当日を迎えられます。

⑥ 2次会がスムーズ

結婚式後に2次会を行う際、そのままホテルにあるパーティールームや少人数用の披露宴会場を使用することができます。ホテル内を移動するだけで良いので、スムーズに2次会を行うことができ、新郎新婦にもゲストにもメリットがあります。

デメリットはある?

Fotolia 131666955 xs

ホテルでの結婚式にもデメリットがあります。ホテルの場合は連日多くの人が利用するため、貸切感がない、融通が利かないという意見が挙げられます。

① 1日に複数のカップルが式を挙げる

ホテルには複数の挙式会場と披露宴会場が用意されています。1日に複数のカップルが式を挙げられるように造られているため、人気のホテルや結婚式シーズンは特に人が混み合ったり、ほかのカップルと鉢合わせになってしまうこともあります。

また、自分たちの後に式を挙げるカップルが控えている場合は慌ただしくなってしまうこともあるので、結婚式場の貸切感はあまり感じられません。そのため、ほかのカップルや自分たちのゲスト以外と顔を合わせたくない、ゆったりと式を挙げたいという方にはあまりお勧めしません。

② プランの融通が利かない

ホテルでの結婚式では、基本的に複数あるプランの中から自分たちに合ったものを選択することになります。プラン自体はたくさん種類があって充実していますが、決められたプランを細かくアレンジすることができないため、融通が利かないというデメリットがあります。

ただし、ホテルによってはプランのアレンジが可能なところもあるので、一度プランナーに相談してみましょう。

③ 持ち込みにお金がかかる

ホテルウェディングの場合は、衣装、写真、引き出物、装飾などを用意されているところや提携しているショップがあるため、基本的にその中から選ばなければなりません。持ち込みをする際は持ち込み料としてお金がかかってしまうため、細かくこだわりたい方にとってはデメリットとなってしまいます。

持ち込みNGのホテルもあるので、こちらもプランナーに相談してみましょう。

気になる費用の相場

Fotolia 141905870 xs

ホテルウェディングにかかる費用平均は挙式と披露宴を合わせて「200万円〜330万円(70〜80名計算)」ほど。これらは会場費、婚礼料理、装花代、衣装代、引き出物代、演出代を含めた費用です。

ホテルでの結婚式はまず基本的なプランを設定しますが、話し合いを進めるうちにオプションを追加したり、料理やドレスのランクをアップしていくことで費用も上がっていくため、最終的に予想よりも費用がかかってしまうことがあります。また、立地条件やホテルのネームバリューによっても費用が全体的に高くなるので、式場見学の際に詳しい見積もりを出してもらうようにしましょう。

式後、長く利用できるところも魅力!

Photo bigphotogallery06

デメリットや費用に関して詳しくご紹介しましたが、ホテルウェディングは“結婚式を終えた後“にも魅力があります。

専門式場やゲストハウスで結婚式を挙げた場合は、式場が空いている時間が限られているということもあって、式後に訪れる機会が滅多にありません。ですが、ホテルで結婚式を挙げた場合、結婚式を終えた後、いつでもどんな時も気軽に訪れることができます。ホテル内のレストランで食事をしたり、予約して泊まるなど、ふたりの思い出の場所として長く利用することも魅力の一つです。

また、ホテルウェディングでは結婚1周年や結婚記念日に使える割引券・無料券をプレゼントしているところも多いです。

まとめ

Fotolia 157391813 xs

ホテルでの結婚式は知名度や格式が高いため、ゲストからの評判も良く、昔から人気のある結婚式場です。質の高いサービスに加え設備も充実しているため、新郎新婦もゲストも快適に過ごすことができるという点は嬉しいですよね。費用は一般的な結婚式の相場と同じくらいか高めになってしまいますが、様々な面で“一流を味わえる“、誰もが贅沢な気分になれるウェディングを期待できます。

年配や遠方のゲストが多い、格式高く豪華な結婚式にしたいカップルはぜひ、一度ホテルウェディングを考えてみてはいかがでしょうか。