何を着て行く?ブライダルフェアの服装マナーとお勧めコーディネート!

自分たちにぴったりな式場を選ぶためにもブライダルフェアへの参加は必須です。式場見学当日、どのような服装を着ていけばいいのか悩んでしまいますよね。フォーマルな服装をしていった方がいいのか、それとも普段のような服装で行ってもいいのか、女性も男性も気になるポイントです。ここでは、ブライダルフェアに参加するときの服装マナー、ブライダルフェアの内容別にお勧めのコーディネートを簡単にご紹介します。

目次

式場見学の3つの服装マナー

Fotolia 139764567 xs

ブライダルフェアでの服装は特に決まりがなく自由な格好で参加することができますが、何を着ていけば無難なのかわからない方も多いと思います。あまりにもフォーマル過ぎる格好やカジュアルな格好をしてしまうと浮いてしまい、スタッフや他のカップルなど周りは気にしていなくても何だか恥ずかしい気持ちになってしまいますよね。そうならないためにも、式場見学へ行くときの服装のマナーやポイントを確認しておきましょう。

① 式場の雰囲気に合わせる

好きな服装で参加できますが、Tシャツにジーンズなどのラフな格好は控え、できる限り式場の雰囲気に合うような服装を選ぶといいです。そのため、女性の場合は膝が隠れる程度のスカートやワンピースにカーディガンを羽織ったり、男性の場合は襟付きシャツにジャケットを羽織るなど、カジュアルになりすぎず清潔感あるコーディネートを心がけましょう。

また、式場やフェアの内容によってはドレスコードを設けていることもあるので、しっかり内容を確認しておいてください。

② デート服がお勧め

カップルの多くは“デート服“を着て参加しています。普段のデート服がラフな方でも、ブライダルフェアではラフすぎる格好はお勧めしません。お洒落な街やレストランでデートする時のように、女性は“綺麗めカジュアル“、男性は“セミフォーマル“な服装を選びましょう。また、仕事帰りに寄るブライダルフェアであれば、スーツ姿で参加してもOKです。

③ 女性はローヒール、もしくは履き慣れている靴を選ぶ

ブライダルフェアでは式場見学などを行うため半日ほど時間を使うことがあります。一つの式場だけでも結構な時間や距離を歩かなければならない場合もあるので、女性はハイヒールやおろしたての靴を選ぶと靴擦れをしたり、足が疲れてしまう可能性があります。そのため、なるべくローヒールで履き慣れている靴を選ぶようにしましょう。

内容別!ブライダルフェアのお勧めファッション

Photo bigphotogallery0617 8

ブライダルフェアは式場によって様々な内容があります。式場見学だけでなく、模擬挙式や模擬披露宴、婚礼料理の試食会、ウェディングドレスの試着会などもあるので、参加するフェアに合わせた服装をすることが大切です。

式場見学のみ・模擬挙式披露宴の場合

式場見学のみや模擬挙式披露宴の場合は特に自由な服装で構いませんが、見学時は動き回ることが多いため、動きやすい綺麗めカジュアルな服装と歩きやすい靴を選んでください。

特に模擬挙式や模擬披露宴では長い時間をチャペルや披露宴会場で過ごすことになるので、カジュアルすぎる服装や露出の多い服装は避け、なるべく会場の雰囲気に合うような服装を心がけましょう。格式のある式場の場合はドレスコードが設けられていることもあるので、予約する際に確認しましょう。

試食会の場合

婚礼料理の試食会に参加する場合も特に服装の決まりはありませんが、他のフェアと同様に綺麗めの格好で参加するようにしましょう。また、試食中に万が一食べこぼしをしてしまった場合、白い服だと服の汚れが目立ってしまう可能性があるので、男女共通で汚れが目立たないような色の服や汚れが染み付かないような素材の服装を選ぶと安心です。

試着会の場合

試着会では、ドレスや和装など数々の衣装を試着すると思います。ワンピースやなるべく脱ぎ着しやすい服装を選ぶとスムーズに着替える事ができるのでお勧めです。また、ロングブーツなど脱ぎにくい靴は避けてパンプスを履いて行きましょう。

ちなみに、ウェディングドレスの試着ではドレスに合わせる靴を式場から借りて履くことになるので、ストッキングを履く又は用意するようにしましょう。下着も肩紐が付いているものだとドレスを試着するときの邪魔になってしまうこともあるので、なるべく肩紐が付いていないタイプの下着をつけて参加するようにするといいです。

まとめ

 couple 2

基本的にブライダルフェアに参加する際の服装に決まりはありませんが、式場の雰囲気に合わせた清潔感ある服装が好ましいです。実際のブライダルフェアではフォーマル過ぎない程度の綺麗めな格好をしているカップルが多いため、カジュアルな服装やゲストのようにドレスアップした服装でない限り浮くことはありません。

また、参加するフェアの内容によっても服装のポイントやマナーがあるので、それに合わせて選ぶようにしましょう。試食会では汚れが目立たない色や素材の服装、試着会では脱ぎ着しやすい服装がお勧めです。

ブライダルフェアの服装に迷ったり、当日は悪目立ちしてしまわないように、ぜひ服装のポイントを参考にしてください。