ブライダルフェアはいつ行く?式場見学の時期と予約方法について

結婚式場の下見である「ブライダルフェア」にはいつ頃参加すれば良いのか、疑問に思うカップルも多いのでは?また、忙しかったりすると式場見学やブライタルフェアを先延ばしにしてしまうこともあると思いますが、早めにフェアに行って式場を決めるとお得なことがたくさんあります。ここでは、ブライダルフェアにいつ参加するのか、早めに式場見学をするメリット、予約方法、いつまでに契約をするのかなどを詳しく解説します。

目次

ブライダルフェアはいつ頃に行くといい?

Image 6

式場全体の見学やドレスの試着、披露宴でもてなす婚礼料理の試食など、結婚式のプランを立てるために重要となるブライダルフェアですが、いつ頃からブライダルフェアに参加すれば良いのか迷っているカップルも多いのではないでしょうか。

結婚式を挙げると確定しているカップルだけでなく、いつ式を挙げるか決まっていない方やそもそも結婚式を挙げるか迷っている方でも参加できるので、気になる式場があれば是非参加してみてください。

結婚式を挙げる“半年〜1年前“が目安!

すでに結婚式を挙げると決めている、日程が確定している場合は、一般的に【式を挙げる半年〜1年くらい前】にブライダルフェアに参加するカップルが多いです。

「1年も前から参加するの?」と思われるかもしれませんが、人気の高い式場や話題の式場、結婚式が多く行われる土曜日や春秋などのベストシーズンに式を挙げる場合、1年前から予約をしていないと希望日に取れないこともあります。急に式を挙げることになったような場合でも3〜4ヶ月前から参加して契約するようにしましょう。

いつ頃までにブライダルフェアに参加しなければならないという決まりはないですが、早めにどの場所でいつ行うか、希望の式場や日取りを決めておくことで物事がスムーズに進みます。

結婚式を挙げるか未定の場合はどうする?

いつ結婚式を挙げるのか決まっていないカップルは、まず気に入った式場に行き、予約の状況を確認したりプランナーの方に相談することで、お勧めの時期やお得な日などを提案してくれるので、いつ式を行うか具体的な日程が決まりやすくなります。

また、結婚式を挙げるかどうか迷っているカップルは、式場見学に行くことで結婚式のイメージが湧き、今後式を挙げるかどうかの話し合いが行いやすくなるはずです。式場によってはプランナーから具体的なプランなども紹介してもらえるので、気軽に参加してみるといいです。

結婚が決まってなくても参加できる?

 couple 2

まだ正式に婚約はしていないけどお互いに結婚を意識しているというカップルが参加することもできるので、いつもよりちょっと特別なデート感覚で気軽に参加してみてください。

結婚の意識が高くなることで、いつまでに結婚しようと具体的な考えが出たり、結婚への気持ちの後押しにもかもしれません。また、こんな場所でこんな結婚式ができたらいいなと憧れを持つことができるようになります。

早めに式場探しをするとお得!

Photo item y23

早めに式場探しをしておくと、希望の日時に予約が取れやすくなる、予定やプランが組みやすくなるというメリットがあります。また、式場によっては早期に予約しておくことで様々な特典が付いてくるケースもあるので、いつ式を挙げるか決まっている方はもちろん、結婚式を考えているカップルは早めに式場探しをしておきましょう。

その① 早期予約で様々な特典が付いてくる!

いつまでに予約するとお得な特典が付いてくる式場が多いです。例えば、お食事券が付いてきたり、ドレス1着分無料になったり、会場装花がランクアップしたり、何らかのレゼントがあるなど、式場によって様々な特典がもらえるので、早めに式場を探すことをお勧めします。

その② 結婚式費用が安くなることも!

早めに式場を予約した場合、特典以外にも式の割引、ウェルカムドリンクが無料、送迎用バスが無料になるなど、結婚式の費用が安くなることがあります。これらは“早割“と呼ばれ、航空券やホテルの予約で大きく値引きされるのと同じように、結婚式全体の費用が数万円〜数十万円単位で割引されることも珍しくないのでかなりお得になります。

ブライダルフェアを予約する方法

Fotolia 126504917 xs

ブライダルフェアを予約する主な方法は“ネット予約“と“電話予約“です。

その① ネットで予約

インターネットを使って事前約することが可能です。予約をする際に式場を紹介している情報サイトや、式場の公式ウェブサイトの予約フォームから予約すれば、式場からメールや電話が届き、参加の日時を決めます。事前に予約をしたい方にはもちろん、ネットで式場探しすると同時に予約もできるので便利です。

ただし、いつでも予約できるというわけではなく、月や曜日によってはすでにブライダルフェアの予約が埋まっている場合もあるので、遅くても見学したい日の“1週間〜2週間前“には予約を済ませておくといいでしょう。

その② 電話で予約

結婚情報誌や式場の公式ウェブサイトなどに掲載されている予約専用の電話番号に電話する方法も。式場によっては電話した当日に参加できることもあるので、手早く予約を済ませたい方や急遽予定が空いた時にブライダルフェアに参加したい方にお勧めです。

予約なしで見学できる式場もある!?

 couple

「式場の近くをたまたま立ち寄ったのでブライダルフェアに参加したい」「時間が空いたから式場見学に行ってみようかな」のような場合でも、式場によっては予約なしでブライダルフェアに参加できるところもあります。

ただし、人気のブライダルフェアだと当日に行っても予約で埋まっていたり、式場によっては予約なしはNGのところもあるので注意しましょう。また、料理の試食会などは予約なしでは行うことができないので、料理を試食してみたい方はいつ試食会のフェアが行われているかを調べて、事前に式場に電話したりインターネットで予約するようにしましょう。

式場とはいつまでに契約するといい?

 plan

式場見学した後、その式場と契約をするかを決めます。希望日がある場合、なるべく早く契約を済ましておかなければ埋まってしまう可能性があります。特に人気の式場や結婚式に人気の季節の場合は予約がすぐに埋まりやすいので、早めに契約を行っておいたほうがもちろん良いです。

ブライダルフェアに参加した時にその場で契約の話を勧められることが多いと思いますが、「その式場にするか迷っている」「他の式場も見ておきたい」という場合は、その場で契約せずに一旦持ち帰ってから決めるようにしましょう。

また、契約には“仮契約“と“本契約“があるので、こちらの意味をしっかりチェックしましょう。

“仮契約“と“本契約“とは?

他の式場も見ておきたいけど、参加した式場が人気ですぐに予約が埋まってしまうかもしれない…という場合にお勧めなのが“仮契約“です。仮契約は希望の日取りを抑えることができ、契約後1週間以内(※式場によって異なる)にキャンセルをすればキャンセル料がかからないという仮の契約になります。

もちろん、じっくり考えたいというカップルにお勧めですが、期間内にキャンセルの電話を入れなかった場合“本契約“へと移行してしまうところもあります。本契約は正式に式場と契約を交わしたということとなるため、本契約をしてから断ってしまうとキャンセル料がかかってしまいます。仮契約を結んだけど本契約はもう少し考えたいという場合は、期間内に式場に電話してキャンセルするようにしましょう。

一生に一度の結婚式だからこそ、式場選びから徹底してこだわりたいですよね。焦って決めてしまわずに、十分によく考えて契約を結ぶようにしましょう。

まとめ

いつ結婚式を行うかを決まっていなかったり、忙しくて時間があまりとれない場合に、式場の下見であるブライダルフェアの参加を先延ばしにしたり、そもそも参加しないでそのまま契約してしまうカップルも多いです。ですが早めにフェアに参加したり、空き時間を有効に使って式場見学に行くことで、希望の日時に予約が取りやすく、それぞれの式場の特典や割引が行われているなどお得なことがたくさんありますので、積極的に参加しに行くことをお勧めします。いつ結婚式を行うかすでに決めている方は、その半年〜1年前までにはブライダルフェアに参加して契約するようにしましょう。

結婚を考えている方なら誰でも参加できるブライダルフェアは訪れてみる価値ありです!