結婚式の受付のやり方とは?流れ・挨拶・マナーを解説!

結婚式の受付係を任されたら、当日の役割をスムーズに完璧にこなしたいですよね。新郎新婦やゲストに失礼のないよう、結婚式式当日に向けて受付時の流れや挨拶のマナーを知っておきましょう。この記事では、受付開始から終了時間までの受付係の役割とやり方を解説します。

目次

到着してから開始時間までに準備することって?

Fotolia 136007766 xs

結婚式の受付係はゲストよりも早く結婚式場に到着し、受付係をするゲストや会場スタッフの人と打ち合わせを行い、役割分担や実際の流れ、会場設備などの確認をします。開宴前には身だしなみを整え、役割をしっかりと覚えるようにしましょう。

受付までに準備することの詳細はこちらをチェック!

結婚式受付係の到着時間と開始までに確認するコトって?|DIAER [ディアー]
結婚式の受付係を任せられたけど、何分前に到着したらいいのか、着いたら何をしたらいいのか、わからないことが多いと思います。受付係は結婚式に参列するゲストを出迎え、ご祝儀を預かるという大きな役割をもっています。任されたゲストの方は早めに到着し、しっかりと打ち合わせして責任をもって行いましょう!この記事では、結婚式の受付係の到着時間や開始時間までにやるべきことを解説します。

受付時のやり方と流れ

Fotolia 101465368 xs

Step1 ご祝儀を受け取る

結婚式の受付係の役割として、準備を進めている新郎新婦の代わりにゲストを出迎えます。まず、受付にゲストが見えたら起立し一礼をします。ゲストの方から祝福の言葉をいただいたら、「お忙しい中、ご出席ありがとうございます。」と一言お礼を言います。このとき、明るい笑顔でゲストの方をお迎えしましょう!

ご祝儀を受け取ったら「ありがとうございます。お預かりします。」と一言伝え、しっかりと両手で受け取ります。

Step2 芳名帳に記入してもらう

受付係はご祝儀袋を受け取ったら、そのままゲストの方に芳名帳を記入してもらいます。手のひらを上にし「こちらにご記入をお願いいたします。」と記帳をお願いをしましょう。

Step3 出欠のチェックをする

ゲストからのご祝儀袋を受け取り、芳名帳に記入してもらった後の役割は、ご祝儀袋に記載してある名前と芳名帳に記入してもらった名前を一度確認し、受付用の名簿にあるゲストの名前にチェックをいれ、ご祝儀袋を盆の上に置きます。

Step4 席次表や謝礼を渡して会場に案内

芳名帳に記入してもらった後も、会場のご案内をするのも受付係の役割です。ゲストに席次表を渡し、控え室もしくは挙式会場や披露宴会場に案内をします。「控え室はこちらです。」と一言を添えて、ゲストを案内しましょう。

ウェルカムドリンクが用意されている場合はその案内も忘れずに!

受付終了時間にやること

Fotolia 137307543 xs

Step1 ゲスト全員の出欠席を確認

結婚式の受付終了の時間になったら、ご祝儀袋と芳名帳を用意されている袋に入れ、決められた係の人に渡します。これは、あらかじめ打ち合わせの時にこの役割の人を決めておきます。無事全員そろったら受付を閉めます。

万が一遅刻者がいる場合は、1~2人ほど受付に残り、他の方は会場に向かいます。受付係は残らず、会場スタッフが遅刻してしまったゲストを案内してくれる場合もありますので、打ち合わせ時に確認しましょう。

Step2 集めたご祝儀を親族に渡す

集めたご祝儀を“決められた方“に渡します。前もって新郎新婦がご祝儀を管理する役割を決めていて、ご両親や親族の方がその役割に選ばれることが多いです。

ご祝儀を渡すときには、「本日はおめでとうございます。無事受付を済ませました。」と、祝福の言葉を添えて渡してください。ご祝儀を渡したら、受付係の役割は完了になります。

まとめ

結婚式の受付係の役割は、ゲストからご祝儀を預かったら芳名帳を記入してもらい、その間にご祝儀袋の名前とゲストの名前が書かれた名簿を確認します。ゲストが記入を終えたら、席次表を渡して会場に案内をします。この時、お車代などの謝礼を渡すゲストがいれば、席次表と一緒に渡します。結婚式の時間に間に合わないゲストがいる場合は、1人か2人が受付に残り、他の方は会場に向かいましょう。

集めたご祝儀を親族や決められた方の元に無事に届けるまで、しっかりと受付係の業務に専念しましょう!