結納とは?出席範囲、服装、会場選び、当日の流れを徹底解説!

結納は両家が結びつくことを祝う日本伝統の婚礼儀式です。結納って聞くとどうしても堅苦しいイメージがありますが、最近はホテルや式場、料亭などで和やかに行うこともでき、結納には様々な形式があります。結納とは何か、出席する人は誰か、仲人の有無、日取りや会場の選び方、祝い膳にふさわしいメニュー、かかる費用やマナーなど、結納に関する知識を初心者の方でも簡単にわかりやすく解説します。

目次

結納とは?

Fotolia 121418432 xs

結納とは、婚約と両家の親睦を深めるための日本伝統の儀式です。男性側が女性側へ酒肴品などを贈り、そのお返しとして女性側が男性側におもてなしをします。古くから伝わる結納には主に2つの形式があり、仲人が両家を行き来してやりとりを行う「正式結納」や、両家が一堂に集まって行われる「略式結納」があります。

さらに、結納には“関東式“と“関西式“に分かれていて、関東式ではお互いが結納品を交換し合い、関西式では男性側のみ結納品を贈るという地域ならではの風習があります。地域によって結納品の品目や内容が変わるので、二人の出身地が異なる場合はどちらかの形式に合わせるか、結納を行う前に両家でしっかり話し合いましょう。

どんな形式がある?

①正式結納

「正式結納」とは、結納の中で最も伝統的な方式です。この場合はお互い顔を合わせず、仲人を介して結納品を交換するものになります。仲人に負担がかかってしまうという理由などで、この形式を行う人が少数派です。現在は略式が選ばれることが多いです。

正式結納とは?場所・流れ・やり方のマナーを解説!|DIAER [ディアー]
最も伝統的な形式である正式結納。現在では仲人を立てることが少ないため、正式結納を行うカップルは少数派ですが、古くから伝わる婚約の形式ということもあって両家の関係をより深めることができます。結納を考えている方は、当日の流れやマナーを理解して臨みましょう!

②略式結納

「略式結納」とは、ホテルや料亭、女性の自宅などに両家一同が集まり、仲人を介して結納品を交換したり、仲人なしで結納品を取り交わすなど、やや形式を重んじた儀式のことです。現在の結納の主流になっている形式です。

略式結納とは?正式との違い、基本的な服装と流れについて|DIAER [ディアー]
古くから伝わる結納が、今では1つの場所に両家が集まって結納品を取り交わす「略式結納」が増え、最も現代に合う婚約スタイルです。いくら略式とは言え、当人や両親の服装のマナーがあります。また、略式結納の流れはどこまで省略するかによってもその内容が決まってきます。略式結納とは正式な結納とどのように違うのか、場所はどこで行うのか、服装マナーや当日の流れなどの基本をご紹介いたします。

出席者の範囲

Fotolia 33749374 xs

参加者は、婚約する本人たちと双方の両親がそろって行うのが基本です。祖父母や兄弟・姉妹を招きたい場合は、人数に偏りのないように両家でしっかりと話し合いましょう。

結納に参加する出席者の範囲と服装マナーについて|DIAER [ディアー]
結納時は誰が参加するのか、どの範囲まで出席してもらうべきなのか、意外とわからないところですよね。基本的には“婚約する二人と両親“で行うのが主流ですが、結納の形式や地域によっても変わってきます。この記事では、結納に参加する出席者についてや出席者の服装マナーを解説していきます。

仲人は必要?

Fotolia 33751525 xs

仲人が必要な結納とは、主に正式結納です。正式結納では仲人の存在が不可欠ですが、略式の場合は仲人を立てても、立てなくてもどちらでも構いません。二人が尊敬しているご夫婦に依頼しましょう。

結納の仲人は誰にお願いする?依頼の流れとお礼について|DIAER [ディアー]
結納の際の「仲人」は誰に頼むべきか知っていますか?結納において大切な役目の仲人は誰にでも務まることではなく、二人のことをよく理解し、二人が尊敬している方がふさわしいです。仲人の人選のポイント、依頼の流れや礼儀作法、お礼のマナーについてなどを確認しましょう!

服装と身だしなみのマナー

Fotolia 44473043 xs

正式結納の場合

婚約と両家の結びつきを祝う正式結納では、きちんとした服装や身なりで行います。婚約する二人は「礼装」「準礼装」を着用し、両親や仲人は二人に合わせて格をそろえるのがマナーです。

正式結納の基本的な服装マナーを知っておこう!|DIAER [ディアー]
いざ正式結納を行う際、どのような服装を選べば良いかを知ってますか?略式とは違い、伝統的できちんとした印象を持つ正式結納では、服装もしっかりとしたものを着用して臨むのが基本です。結納で大切なのは、“格を合わせる“ことです。この記事では、正式結納での男性、女性、両親、仲人の服装マナーについて解説していきます。

略式結納

略式結納の場合も「礼装」「準礼装」、もしくは「略礼装」を着用します。略式とはいえ、カジュアルな服装はマナー違反になりますので注意しましょう。

【略式結納の服装マナー】男性・女性・両親・仲人別に解説!|DIAER [ディアー]
略式結納での服装はご存知ですか?正式な結納でなくても、略式の場合もある程度きちんとした服装をしていくことが必要です。当人も、両親も、格を合わせることがポイントになり、もちろん仲人の方も服装のマナーがあります。この記事では、略式結納での服装マナーを詳しくご紹介いたします。

日取りと時間の決め方

Fotolia 62837852 xs

一般的に挙式の3ヶ月〜半年前に行い、結納に最適な日取りと時間は「吉日の午前中」です。昔は縁起のよい日を選ぶことが一般的でしたが、最近は吉日などにこだわらず、両家が集まりやすい休日や祝日に行うことも珍しくはありません。六曜を気にする方もいるので、両家でしっかりと話し合いましょう。

結納の日取りと時間の決め方の基本ガイド!|DIAER [ディアー]
結納の日取りってどう決めたらよいか、準備する際の悩むポイントでもありますよね。結納にふさわしい日や最近の日取り事情を知っておくことで、結納の日取りをスムーズに進めることができます。この記事では、結納の日取りの決め方を解説していきます。

会場選び・費用の目安

Fotolia 102125249 xs

昔は自宅で行われていましたが、最近はホテル、式場、レストラン、料亭などが選ばれています。自宅以外の会場で行う場合は、結納のサポートを行ってくれる場所を選ぶといいです。費用も会場によって様々なので、しっかりと会場選びを進めましょう。

結納に適した場所とは?会場選びと費用の目安について|DIAER [ディアー]
昔の結納は自宅で行うことが一般的でしたが、今では様々な場所で行えることをご存知でしたか?場所それぞれに特徴とメリット・デメリットがあり、それらを考慮して最適な結納会場を選びましょう。この記事では、結納にふさわしい場所の選び方、それぞれの会場にかかる費用、そして男性と女性それぞれが支払う費用を解説いたします。

気になる当日の席次・座り方

Fotolia 55796531 xs

一般の席次と結納とは異なり、形式や会場によって席次の決め方が異なります。基本的な着席順や仲人を立てる場合と立てない場合の席次を把握しておきましょう。

結納時の席次決めと着席のマナーを知っとこう!|DIAER [ディアー]
両家揃っての結納では、席次に決まり事やマナーがあることを知っていますか?一般的な席次とは少し違い、位が上の人ではなく、主に訪問する側がお客様になるため「上座」に着席していただく形になります。結納での席次のルールを守り、品のある結納を行いましょう!この記事では、仲人を立てる席次と仲人を立てない席次のマナーについて解説いたします。

結納時に必要なもの

Fotolia 53001596 xs

結納品

結納品が必要な結納とは、正式の場合も略式の場合も、どちらの形式にも欠かせません。結納品とは相手に贈る、縁起のよい品のことをいいます。地域柄や家柄によって、品目や内容が変わりますので、必要な結納品を確認しましょう。

結納品を準備!関東式と関西式の品目と飾り方について|DIAER [ディアー]
結納品の準備の仕方をご存知ですか?結納当日、縁起のよい品々を両家で取り交わしますが、関東式・関西式によっても用意する品目や飾り方が違ってきます。この記事では、正式な結納品の品数や関東式・関西式の違いを詳しく解説していきます。

結納金

結納金とは、嫁ぐ際に渡す支度金のことです。女性が嫁ぐ場合は男性側が贈り、男性が嫁ぐ場合は女性側が贈ります。贈られた相手は、半分もしくは一割をお返しとして贈るのが一般的です。

結納金とは?贈る意味や相場、渡し方、使い道を解説します!|DIAER [ディアー]
結納金ってどういう意味があるのかをご存知ですか?元々は、花嫁の帯や衣装を贈っていましたが、次第に嫁入りや婿入りの準備をするためのお金を贈るようになりました。意味を知ることで、より相手に気持ちを込めて贈ることができるようになるはずです。この記事では、結納金の相場、袋の選び方や包み方、当日の渡し方のマナー、その使い道や結納金をなしで行う方法など、結納金について詳しく解説していきます。

目録・受書

目録は結納品の品目が記載されているもの、受書は結納品を受け取った証明となる書類のことです。結納において欠かせない書類です。

結納の目録と受書の正しい書き方と注意点!|DIAER [ディアー]
結納の際に取り交わす「目録」と「受書」の正しい書き方はご存知でしょうか?結納において大切な書類なので、しっかりとした書き方やマナーが重要になってきます。また、いくつか注意点もありますので、どのように書くのかを知った上で、一度練習をしてから書きましょう!この記事では、目録や受書の書き方例や注意点について詳しく解説いたします。

家族書・親族書

家族書と親族書は、自分たちの家族や親族たちの名前を記した書類になります。こちらも必要な書類なので、正しい書き方を確認しましょう。

結納の「家族書」と「親族書」の正式な書き方・渡し方のマナー!|DIAER [ディアー]
結納の際に贈る「家族書」と「親族書」をご存知ですか?本人たちの家族や親族を紹介する役割があり、しきたりに重んじる形式には必ずこの「家族書」と「親族書」を交換します。結納時にしっかりと渡せるように、正しい書き方と渡し方のマナーを知っておきましょう!この記事では、結納に欠かせない「家族書」と「親族書」についてを解説します。

手土産・引き出物

婚約を祝う大切な日には、手土産・引き出物を用意しましょう。相手の家族の好みを事前に聞き、結納にふさわしい贈り物を贈りましょう。

結納の手土産はどうする?引き出物の準備と選び方|DIAER [ディアー]
お二人にとって、両家にとって大事な節目である結納。そのような大切な日だからこそ、相手の家族のことを考え、結納にふさわしい手土産や引き出物を選びましょう。この記事では、結納時に用意する手土産や引き出物の相場、オススメの品物、熨斗の選び方、渡し方のタイミングなどの準備の仕方とマナーについて解説していきます。

当日の流れと口上について

Fotolia 34030316 xs

正式結納の場合

正式結納とは、仲人が両家を行き来して、結納品を届けます。関東式と関西式によって、仲人の訪問回数などに違いがありますが、基本的な流れと挨拶の仕方を確認をしておきましょう。

正式結納の当日の流れ・口上の基本マナーを解説!|DIAER [ディアー]
正式結納の当日の流れや挨拶(口上)の基本的なマナーをご存知ですか?正式な結納は両家の顔を合わせず、仲人が結納品の交換を行います。流れやマナーを覚えることで、当日はスムーズに行えます。この記事では、正式結納の進行例や口上のマナーについて解説していきます。

略式結納の場合

略式結納とは、一つの会場に両家が集まって行います。無事に結納を行えるよう、基本的な流れや口上のマナーを確認しましょう。

略式結納の当日の流れと挨拶(口上)の基本マナー|DIAER [ディアー]
略式結納の流れをご存知ですか?また、結納の挨拶(口上)のマナーもあるので、丁寧な言葉を心がけることが重要になってきます。略式結納での流れやマナーをしっかりと理解した上で行い、おめでたいものにしましょう!そこで今回は、略式結納の当日の進行例と挨拶(口上)についてを詳しく解説していきます。

結納後は会食・祝い膳を用意

Fotolia 152613529 xs

結納の後は、両家で祝い膳を囲み、お互いに酒を酌み交わします。結納にふさわしいメニューや祝い膳のマナーを知り、両家の仲を深まる気持ちのよい会食にしましょう。お酒を飲み過ぎにはご注意を。

結納後の祝い膳の選び方とマナーについて|DIAER [ディアー]
結納後にふるまう「祝い膳」の意味は知っていますか?結納後に行われる「祝い膳」は両家のコミュニケーションを深める大切なものです。かつては自宅が一般的でしたが、今ではホテルやレストランで行うことが多くなっています。両家を考慮したメニューを選び、和やかな食事会にしましょう!この記事では、結納の「祝い膳」の選び方とマナーについて解説していきます。

結納返しはいつ行う?

Fotolia 32166468 xs

結納返しは、結納品をいただいた側がお返しに品物を贈るしきたりのことです。“後日に贈る“のが正式な渡し方ですが、結納時に行うケースも増えています。相手に「感謝」と「これからよろしくお願いします」という気持ちを込めて贈りましょう。

結納返しはいつ?相場、用意するもの、品物の選び方の基本!|DIAER [ディアー]
結納品を贈っていただいた相手に対し、“ありがとう““よろしくお願いします“という気持ちを込めて贈る結納返し。相場、当日に必要なもの、渡す時期やタイミングなどのマナーを知り、自分たちのスタイルに合った素晴らしい結納返しにしましょう。この記事では、結納返しの方法について解説します。

まとめ

結納とは、婚約と両家の親睦を深めるための大切な儀式です。結納とは主に「正式結納」と「略式結納」にわかれていて、更にその中に「関東式」と「関西式」というジャンルがあります。それぞれの地域によって、結納品の品目や内容が変わってくるので、どちらかの形式に合わせるかなど、両家でしっかりと打ち合わせしましょう。

いろいろと準備を進めていくことで両家の意向が違ったりすることもあると思います。そんな時は二人が中心となってまとめるようにしましょう。