結納に参加する出席者の範囲と服装マナーについて

結納時は誰が参加するのか、どの範囲まで出席してもらうべきなのか、意外とわからないところですよね。基本的には“婚約する二人と両親“で行うのが主流ですが、結納の形式や地域によっても変わってきます。この記事では、結納に参加する出席者についてや出席者の服装マナーを解説していきます。

目次

結納の出席者は本人同士と両親が基本!

Fotolia 119750326 xs

参加する出席者は、婚約する二人と双方の両親がそろって出席するのが一般的です。両家の人数も均等にすることができ、スケジュール調整がしやすいため、一番多いパターンとなります。

何らかの事情で父母のどちらかしか出席できない場合は、一人でももちろん問題ありませんが、代理として親族に出席してもらってもよいでしょう。

仲人を立てるなら尊敬する方に依頼しよう!

Fotolia 33751525 xs

昔は両家の間を取り持つ仲人の存在が不可欠でしたが、「面倒をかけるのが申し訳ない」「両家でだけでカジュアルに行いたい」と考える人が増えたことで、現在は仲人を立てずに行うことが多くなりました。ですが、両親の希望だったり、伝統的でしきたりに重んじた形式にするのであれば、仲人を依頼するとよいでしょう。

仲人は結納を取り繕う大切な役目です。仲人を立てる際は自分たちを理解してくれる、尊敬する方にお願いをしましょう。依頼する際はできるだけ早めに打診し、仲人の都合も反映して進行を考えていきます。

結納の仲人は誰にお願いする?依頼の流れとお礼について|DIAER [ディアー]
結納の際の「仲人」は誰に頼むべきか知っていますか?結納において大切な役目の仲人は誰にでも務まることではなく、二人のことをよく理解し、二人が尊敬している方がふさわしいです。仲人の人選のポイント、依頼の流れや礼儀作法、お礼のマナーについてなどを確認しましょう!

それぞれの服装マナーとは?

Fotolia 44473043 xs

会場の雰囲気に合わせてしっかりとした服装で臨むのがよいでしょう。本人同士や両親も、両家が“格を合わせる“ことが大切です。結納の主役は婚約する二人なので、親の服装は本人たちよりも目立たないようにしましょう。

正式と略式によって服の選び方が変わってくるので、形式ごとに出席者の服装マナーを解説します。

正式結納の服装マナーはこちら

正式結納の基本的な服装マナーを知っておこう!|DIAER [ディアー]
いざ正式結納を行う際、どのような服装を選べば良いかを知ってますか?略式とは違い、伝統的できちんとした印象を持つ正式結納では、服装もしっかりとしたものを着用して臨むのが基本です。結納で大切なのは、“格を合わせる“ことです。この記事では、正式結納での男性、女性、両親、仲人の服装マナーについて解説していきます。

略式結納の服装マナーはこちら

【略式結納の服装マナー】男性・女性・両親・仲人別に解説!|DIAER [ディアー]
略式結納での服装はご存知ですか?正式な結納でなくても、略式の場合もある程度きちんとした服装をしていくことが必要です。当人も、両親も、格を合わせることがポイントになり、もちろん仲人の方も服装のマナーがあります。この記事では、略式結納での服装マナーを詳しくご紹介いたします。

兄弟姉妹や祖父母も参加できる?

Fotolia 120003833 xs

結納の形式や地域・家柄によって出席者が変わることもあり、簡略式では祖父母や兄弟・姉妹などの親族も出席するケースがあります。また、結納後に親族を招いて全員で食事会をすることも。

まずは両家で人数とスケジュールの確認を行い、両家で偏りがないように話し合いをしましょう。

まとめ

最も多い出席範囲は“婚約する二人と双方の両親“です。仲人を立てる場合は尊敬できる方に依頼し、祖父母や兄弟・姉妹を招く場合は両家で相談し合い、人数に偏りがないようにしましょう。