【略式結納の服装マナー】男性・女性・両親・仲人別に解説!

略式結納での服装はご存知ですか?正式な結納でなくても、略式の場合もある程度きちんとした服装をしていくことが必要です。当人も、両親も、格を合わせることがポイントになり、もちろん仲人の方も服装のマナーがあります。この記事では、略式結納での服装マナーを詳しくご紹介いたします。

目次

略式結納の理想的な服装マナー

Fotolia 32166468 xs

①男性本人

略式結納の男性の服は、「略礼装」と呼ばれるフォーマルな服装、セミフォーマルな服装がベスト
。略式ではありますが、結納は結納なので、ある程度のきちんとした服装をするのが好ましいです。「ブラックスーツ」や「ダークスーツ」など、紺色やグレーのスーツを着用し、ネクタイは派手すぎず、落ち着いたものを選びましょう。

ホテルや料亭で行う結納でもスーツが良いとされています。

②女性本人

略式結納の女性の服は、男性の服装と同じく、フォーマルもしくはセミフォーマルな服装がベストです。女性側もきちんとしたきれいめな服装で迎え、ワンピース、訪問着、振袖、スーツなどを着用するとよいでしょう。ホテルや料亭で行う結納では、和装がオススメです。

男性と同じく、カジュアルな服装はNGです。女性は露出の多い服装はさけ、「ブラウス」や「スカート」など清楚な服装を心がけてください。

③父親・母親

略式結納のご両親の服装としては、基本的に新郎新婦本人たちの服装に合わせます。そのため、父親は「ブラックスーツ」や「ダークスーツ」、母親は「フォーマルなワンピース」や「色無地や訪問着などの和装」を着用するのが好ましいでしょう。

④仲人

《男性》
略式結納での男性仲人の服装は、父親と同じく、「グレースーツ」や「ブラックスーツ」などの服装で行くのがよいでしょう。ご両家よりも格式が高くならないように、控えめで行くことが重要です。

《女性》
略式結納での女性仲人の服装は、「ワンピース」や「付け下げ」、「色無地の着物」などの服装が好ましいです。こちらも男性の服装と同じく、ご両家よりも格式が高くならないようにし、周りに合わせた服を着ていくのがよいです。

まとめ

Fotolia 32013461 xs

略式結納での服装では、ご両家の格式が偏らないように、両家で服装を合わせることが重要です。服装がバラバラだと、場の雰囲気も悪くなってしまうこともあり、特に着物は注意が必要になってきます。

略式結納では「略礼装」と呼ばれるフォーマル、もしくはセミフォーマルなスタイルが適しています。男性は基本的にブラックスーツやダークスーツ、女性はワンピースや訪問着、振袖、スーツなどを着ていくといいでしょう。仲人の方も基本的にはご両親と同じ服装ですが、ご両家や本人たちよりも格式の高い服装はNGなので注意しましょう。

マナーを守ったしっかりとした服装で、気持ちのよい結納を行ってください!