ニュージーランドで結婚式♡挙式の魅力・費用・おすすめの時期とは?

海外挙式を挙げたい、自然たっぷりのところで結婚式をしたいとお考えのカップルは必見♡空気も水も澄んだ豊かな大自然を満喫できるニュージーランドは、新婚旅行はもちろん結婚式にも人気の高い国です。どんな国なのか?どんな結婚式ができるのか?飛行時間はどれくらい?気になる挙式相場や結婚式全体の費用などを詳しく紹介します!

目次

壮大な自然に魅了される『ニュージーランド』ってどんな国?

Fotolia 133481224 xs

ニュージーランドは、日本から約9200kmの距離にある、オーストラリアの南東に位置する細長い形でふたつの島と小さな島々でできた自然あふれる島国です。北部と南部の気温の差が激しく、南に行くほど気温は低くなります。日本と季節が真逆で、1番寒い時期が7月で20℃〜30℃、暑い時期が1月〜2月にかけて10℃〜15℃です。

そんなニュージーランドは、映画の撮影地に選ばれるほどの豊かな自然に恵まれた国。日本では味わえない非日常感と自然が広がる壮大スケールに感動すること間違いなしです☆もちろん、ネイチャーアクティビティも充実し、イルカやクジラに出会える「ホエールウォッチング」を楽しめたり、氷河の中を探検できる「フォックスグレーシャー」など、ここでしか体験できないことばかりで魅力満載です!

日本からの飛行時間はどれくらい?

Fotolia 139839755 xs

日本からニュージーランドへの直行便は現在、ニュージーランド航空のみです。

■東京・成田空港
渡航時間:約11時間

■羽田空港
渡航時間:約10時間40分

■大阪・関西国際空港
渡航時間:約10時間40分

渡航時間はあくまで目安です。ニュージーランドで結婚式を行う場合、挙式の2日、もしくは前日の午前中までに到着できるようにスケジュールを組んでおきましょう☆

どんな結婚式ができる?

Fotolia 58521131 xs

壮大な大自然が広がり、力がみなぎるような不思議なパワーを感じられるニュージーランドは、様々なタイプの挙式スタイルを挙げることができます。

山々に囲まれた美しい湖畔のほとりで行う屋外挙式、キリスト誕生を物語る大きなステンドグラスの美しさに息を飲む大聖堂挙式、昔からあるレンガ造りのゴシック調のチャペル挙式など、ふたりの希望に合った結婚式が叶います♡挙式のあとには、大自然に囲まれたロケーションでのフォトツアーを堪能し、おふたりだけの撮影や、両親や親しい友人を招いて楽しく写真撮影を行えます。

また、ニュージーランドの北島にある「マタマタ」という地域に、2002年に日本で公開された「ロードオブザリング」に登場する”ホビット村”のロケ地が今もそのまま残っていて、そこで実際に結婚式&フォトウェディングとして利用することもできるんです!映画ファンのおふたりはぜひ、ホビット村ならではのほのぼのした結婚式を挙げてみてはいかがでしょうか♪

ホビット村での結婚式が気になった方、挙式やフォトウェディングを体験してみたい方は、参考にこちらをチェックしてみてください☆


あなたも映画のキャストに!?名作映画「ロードオブザリング」のホビット村での結婚式|DIAER [ディアー]
大ヒット映画「ロードオブザリング」のファン待望!ロードオブザリングのロケ地として、おなじみの映画セット村「ホビット村」で結婚式を挙げることができます!

気になる挙式の費用・相場

Fotolia 134377301 xs

海外挙式に憧れはあっても、気になるのはやっぱり挙式代や結婚式全体の費用ですよね。これを読んで、費用の問題を少しでも解決できればと思います☆例として、日本人に人気のあるニュージーランドの教会での挙式プランを費用も合わせて紹介します。

【プラン一例】
■挙式料(牧師、結婚証明書、聖歌隊付き)
■ドレス&タキシード
■ブーケ&ブートニア
■ヘアメイク(国内でリハーサル可能)
■フォト&ビデオ撮影
計:857.000円(2名)

その他、ウェルカムドリンクやフラワーシャワーなど挙式に必要な項目のオプションをつけたりできます。挙式後の披露パーティーを行う場合はゲストの人数によりますが、約20万円〜費用がプラスされると考えておきましょう。国内でこの内容だと100万円以上は余裕で超えてしまうところもが多いですが、海外だと意外と費用がかからず結婚式を挙げることが可能です!

また「挙式+旅」といったセットプランを展開している旅行会社もありますので、ホームページやパンフレットをチェックし、一度相談しに行ってみてはいかがでしょうか♪

オススメのシーズンはいつ?

Fotolia 144627053 xs

オススメの挙式シーズンは、4月〜12月のお正月にかけて。ニュージーランドはオーストラリアと同様、季節が逆なのでこの時期は秋の涼しく過ごしやすい時期です。日本のジメジメした梅雨時期に、涼しくて過ごしやすいニュージーランドで挙式を行うことをオススメします♡

8月の夏休みシーズンはゲストの休暇も取りやすくなるメリットがありますが、全国的に旅行シーズンに入り大変人気なので、予約が取れなかったり飛行機代も高くなるため、費用を安く抑えたいとお考えの方は挙式日を少し時期をずらした方が良いかもしれません。

現地ならではの滞在・過ごし方

Fotolia 162627372 xs

挙式後はハネムーンを思いっきり楽しみましょう。ニュージーランドの大都市「オークランド」のタウンマリーナでヨットに乗ったり、河川と降雨林や氷河など自然が美しく残る「ウエストコースト」でのガイド付きハイキングに挑戦したり、北部の海辺の町にある「カイコウラ」で巨大なマッコウクジラを目の前で鑑賞できるホエールウォッチングなど、日本では味わえない壮大さと感動の体験が待っています☆

また、ニュージーランドではフレンドリーな人が多く、通りすがりに「Hello!」と声をかけられるのが当たり前!困っている人がいたら知らない人でも声をかけて助けてあげる、優しい国です。現地でわからないことが起こっても、こんなに気さくでフレンドリーな人たちがいるなら安心ですね♪

まとめ

どんな結婚式ができるか、挙式に必要な費用や相場、挙式にオススメの時期、挙式後の過ごし方などを紹介させていただきました!

日本から約11時間と渡航時間は長めですが、現地で眺める大自然は日頃の疲れが吹っ飛んでしまうほど癒され、感動に出会えること間違いなしです。費用も国内挙式より比較的リーズナブルなので、海外の結婚式はぜひ、ニュージーランドを候補の1つ考えてみてはいかがでしょうか♡

そしてふたりの海外挙式を素敵な思い出になるよう、計画は早めに立てて余裕のあるスケジュールを組みましょう♪