常識!結婚式男性ゲスト向けの靴下マナーと選び方

結婚式に招待された男性ゲストの皆さん。履いていく靴下にもマナーがあるのはご存知でしょうか?そこまで重要でないように思いますが、靴下一つでも印象が変わってきます。大切な人の結婚式には、靴下もしっかりとしたものを履いて出席しましょう!そこで今回は、結婚式男性ゲストの靴下のマナーと選び方をご紹介します。

目次

丈の長さは“ロング靴下“がオススメ!

Fotolia 98950955 xs

男性ゲストが結婚式に履いていく靴下を選ぶ際、まずは“長さ“に注意しましょう!結婚式では、ひざ下まであるロング靴下がオススメです。足首が見えることもなく、たるんで、だらしなくなってしまうこともないので、足元もカッコよく決まります。

NGの長さ

基本的には長めの靴下をチョイスするのがベストですが、くるぶしまでの長さのもの、足首が見えてしまうような長さのものはマナー違反。ふくらはぎまでの長さの靴下もありますが、歩いているうちにどんどん下にさがっていってしまったり、たるんで見えてしまうので、こちらも履くのは控えたほうがよいでしょう。

色は“落ち着いたカラー“を選ぶべし!

Fotolia 140504475 xs

結婚式などのフォーマルな場では、“黒色“を選ぶのがマナーとなっています。黒色だけでなく、スーツの色とあわせて、濃い紺色やグレーなどのダークカラーを選んでもOKです。また、カジュアルな二次会では、鮮やかでオシャレな色の靴下を履いても問題はありません。

NGのカラー

男性ゲストは新郎とかぶってしまう恐れがあるので白色NGです!靴下はズボンに隠れて見えないから、どんな色でも問題ないのでは?と思う方もいると思いますが、座ったときにズボンの裾が上がって、靴下が見えてしまう可能性もあるので、場違いな靴下を履いてきたときに、周りから冷たい視線を感じてしまうなんてことも…。そうならないよう、白色や派手な色の靴下は控えましょう。

柄やロゴ入りでもOK?

Fotolia 95214211 xs

基本的には“無地“の靴下を選ぶのがマナーとなっています。ブランド物だったり、特徴がある靴下を履きたい男性の方は、小さなマークがワンポイントになっている靴下を選ぶと良いでしょう。

NGの柄

ボーダーやドットなどのオシャレな柄の靴下がありますが、結婚式では柄物の靴下はNGとなっています。また、よく礼服のコーナーにストライプ柄の靴下が売られていることもありますが、これは新郎新婦のお父様が履くものとなっているため、友人などの男性ゲストが着用するものではありませんので、注意しましょう。

素材は“薄すぎず、厚すぎず“!

Fotolia 143349702 xs

靴下の素材としては、薄すぎず、厚すぎないものを選ぶのがマナーです。結婚式では靴をずっと履いているため、足が蒸れてしまうことがあります。ウールやシルク、綿が混ざった素材などの靴下を履くことをオススメします。

NGの素材

ポリエステルやアクリルの素材は吸湿性・通気性が悪く、蒸れやすいのでNG。また、薄すぎると素肌が透けてしまう可能性があり、見た目も悪くなってしまうので、ちょうどよいものを選びましょう。

まとめ

靴下は見えていないと思っていても、ふとした時に意外と見られている部分です。結婚式などのフォーマルな場で、派手な色や柄の靴下を履いていくのはマナー違反なので、注意しましょう。選ぶとしたら、黒色、濃い紺色、ダークグレーなどの落ち着いた色、無地のものを選ぶのが基本です。例えばブランド物の靴下ですとロゴが入っていることもあるので、なるべく小さなロゴで目立たないものにしましょう。

男性ゲストの方も足元もきっちり決めて、大切な人の結婚式に出席しましょう!