教会式とは?チャペル挙式の流れと費用の基本知識!

神前式や人前式などの挙式スタイルがある中で、日本人カップルに断トツ人気を誇る「教会式(キリスト教式)」です。特に女性は、純白のウェディングドレスに身を包んだチャペルウェディングに憧れている方が多いのではないでしょうか?そんな教会式とは一体どんな挙式なのか、どんなカップルにお勧めなのか、気になる費用相場等を詳しく解説します。

目次

人気ナンバーワンの教会式とは?

Fotolia 22188673 xs

教会式(キリスト教式)とは、ウェディングドレスやタキシードなどを着て行われるキリスト教の教義に則した挙式スタイルのことです。

チャペルや大聖堂で結婚することを誓う教会式に憧れる女性が多く、最も人気のある挙式スタイルとなっています。賛美歌を歌い、指輪の交換、誓いのキスなど、厳かなでロマンティックなセレモニーが特徴です。

3大挙式スタイルの中でもNo.1!

ウェディングドレスは華やかでオシャレなこともあり、キリスト教徒ではない日本人にも教会式はとても人気がありますが、日本の結婚式には神道のしきたりにのっとって和装姿で行う「神前式」や、特定の宗教を決めずにふたりらしく自由なスタイルで行う「人前式」などがあります。

この3つの式は日本国内で最もメジャーな挙式スタイルなので、“3大挙式“と言われています。

日本は正式なキリスト教式ではない!?

Fotolia 93336088 xs

キリスト教の宗派には大きく分けて「カトリック」と「プロテスタント」の2種類があり、結婚式で行われる儀式の内容などによって異なりますが、現在日本で行われている教会式のほとんどは正式な教会の儀式を参考にしたものではなく、西洋の結婚式である“ブライタルパーティ“をもとにしています。そのため、式を挙げるのは本物の教会ではなく、結婚式を挙げるために造られたチャペルや大聖堂で行われることがほとんどで、宗教的な意味合いは薄く、カトリックとプロテスタントを混同している場合もあります。

現在、日本にいるキリスト教徒の数はわずか1%ほどなので、ほとんどは無宗教のカップルによって行なわれています。

このようなカップルにお勧め!

Fotolia 121205356 xs

教会式は以下のようなカップルにお勧めです。

■ウェディングドレスやタキシードに憧れている
■ロケーションや会場の雰囲気を重視したい
■演出にこだわりたい

ウェディングドレスやタキシードに憧れがあるカップル

教会式は、ウェディングドレスやタキシードを着て式を行いたいカップルにお勧めのスタイルです。純白のウェディングドレスを身にまとって祭壇の前に立つことは女性の憧れだと思います。ウェディングドレスには種類やデザインが多くバリエーションが豊富なので、たくさんのドレスの中から自分にぴったりなドレスを見つけるのを楽しさがあります。

ロケーションや会場の雰囲気を重視したいカップル

祭壇の後ろから海が見渡せたり、豊かな緑豊が広がる眺めの良いチャペルなど様々なタイプがあります。そのため、素敵なロケーションの中で式を挙げたいと考えているカップルに向いています。また、ステンドグラスが美しい壮麗なチャペルや大聖堂なども多くあるので、会場の雰囲気にこだわりたいカップルにもお勧めです。

演出にこだわりたいカップル

教会式では聖歌隊やフルート、パイプオルガンなどの楽器の生演奏を取り入れたスタイルがほとんどで、神聖な雰囲気を作り出してくれます。また、フラワーシャワーやバブルシャワー、風船を上げるバルーンリリースなど、式場によって様々な演出を楽しむことができるので、演出にこだわりたいというカップルにはお勧めの挙式スタイルとなります。

教会式ならではの魅力

Fotolia 121771805 xs

教会式には他の挙式スタイルにはないたくさんの魅力があります。

ウエディングドレスが映える

教会式の魅力は、なんといっても純白の美しいウェディングドレスを着られることです。ウェディングドレスの種類はとても豊富で、好みのデザインや体型にあったものを選ぶことができます。チャペルで行う教会式は、バージンロードを歩く姿、祭壇の前で愛を誓う姿、どの瞬間もウェディングドレスが映え、花嫁姿をより美しくみせてくれます。

華やかで美しいイメージ

教会式を挙げるチャペルは華やかで美しい場所が数多くあります。ステンドグラスから差し込む光が神聖な雰囲気を演出する壮麗な大聖堂、豪勢なシャンデリアが飾られた煌びやかなチャペル、海や緑を見渡せるナチュラルなチャペルなどもあるので、映画のワンシーンのようにドラマティックな式を挙げることができます。チャペルの雰囲気は式場によって様々なので、自分たちが理想とする式場を見つけることができるのも教会式の魅力の一つと言えます。

参列者から祝福してもらえる

教会式では参列者から賛美歌を歌ってもらったり、新郎新婦がチャペルの外にでてくるときやバージンロードを歩いて退場するときに花びらを撒くフラワーシャワーでお祝いをしてくれます。家族や親族、友人などの大切な人たちに祝福を受け、心温まるひとときが叶います。

練習なしで式に臨むことができる

教会式は特別難しい儀式はありません。そのため、動きや手順など覚えることがあまりないので、式直前に練習する程度で済みます。そのため、多忙で式のリハーサルがあまりできないという方や難しい儀式が苦手だという方でもスムーズに式を挙げることができます。とはいえ、結婚式は一生に一度の大切な儀式となるので、少なくとも一度は事前に練習をしておくと安心です。

挙式の進行例・流れ

Fotolia 125363165 xs

教会式はキリスト教のしきたりによって式が行われますが、キリスト教にはカトリックとプロテスタントの2つがあり、日本で行われる教会式のほとんどはプロテスタントの形式が採用されています。ここではプロテスタントの教会式の流れをご紹介します。

・牧師入場
牧師が入場し結婚式の開式を告げたら、一同起立します。

・ 新郎、新婦入場
まず新郎が入場して祭壇の右側に立ち、新婦を待ちます。続いて新婦が父親と腕を組み、エスコートされながらバージンロードを歩いて入場します。

・新婦の引き渡し
新婦は祭壇の左側に立ちます。父親は新婦の手を取って新郎に引き渡し、新婦側の席に移動します。

・賛美歌斉唱
新郎新婦が祭壇の前に進んだら、参列者全員が起立し、ふたりの結婚を祝福する賛美歌を歌います。

・聖書朗読、式辞
牧師が聖書の中にある、結婚に関する愛の教えの一説を読み上げ、神様に祝福の祈りを捧げます。

・誓約
牧師の問いかけに、新郎新婦が「誓います」と誓約し、新郎は新婦のベールアップを行います。

・指輪の交換
牧師から渡された指輪を新郎新婦が互いの左手薬指にはめます。この後、誓いのキスをします。

・結婚誓約書にサイン
牧師が新郎新婦の右手を重ね、その上に牧師の手を置いて祈祷。結婚誓約書にサインをし、牧師が神様と参列者に向けて、ふたりの結婚の成立を宣言します。

・賛美歌斉唱、祝祷
一同起立して賛美歌を歌います。牧師が神様に、ふたりの門出を祝う祈りを捧げます。

・退場
新郎新婦が腕を組み、バージンロードを歩いて退場します。

・挙式後
フェザーシャワーやフラワーシャワーなどで、参列者がふたりを祝福します。


※入場から退場までの時間はおよそ20分〜30分程度です。

教会式のお勧め演出とは?

Fotolia 119303023 xs

教会式を行う際、素敵な演出をたくさん取り入れることができます。中でも特に人気の高い挙式演出をご紹介します。

①フラワーガール

フラワーガールとは、挙式の際に花嫁が歩くバージンロードに花びらを撒く女の子のことを言います。花びらが入った籠を持った子供が花びらを撒きながら花嫁の前を歩き、その後ろを花嫁が歩くのが一般的です。入場のときだけでなく退場の際にも撒いてもらうことができ、子供が花びらを撒いて歩く姿は可愛らしく場が和むため、とても人気のある演出となっています。

挙式の人気演出♡花嫁を導く天使【フラワーガール】とは?|DIAER [ディアー]
挙式に華を添える、花嫁を先導する小さな天使「フラワーガール」をご存知ですか?挙式の際子どもにも参加してもらうことで、その場にいる誰もがハッピーな気持ちになる♡どんな演出?何才がベスト?お願いした時のお礼の仕方とは?海外から学ぶおしゃれファッションコーディネートなど。微笑ましくて可愛いフラワーガールについてご紹介します!

②リングボーイ

リングボーイとは、結婚指輪を祭壇に運ぶ男の子のことを言います。女の子にも任せることができ、指輪を落としてしまう不安がある子供の場合は演出用の指輪を運んでもらい、本物の指輪は牧師から受け取ることもあります。新郎の後ろをついて歩くのが一般的ですが、フラワーガールがいる場合は一緒に歩かせることができます。

新郎新婦を先導する【リングボーイ・リングガール】とは?|DIAER [ディアー]
欧米の風習が今では日本の結婚式の定番演出となった「リングボーイ・リングガール」。大役を任せられた子どもが頑張る姿が微笑ましく、会場にいる皆を幸せな気持ちにしてくれる♩一体リングボーイ・リングガールとはどんなもの?誰に頼んだらいい?何歳がベスト?おすすめの衣装などを詳しく解説します。

③○○シャワー

教会式の挙式では定番の演出と言えるのシャワー演出。例えばフラワーシャワーですと、バージンロードを歩く新郎新婦にゲストが花びらを撒いてお祝いをする演出で、“災難や困難からカップルを守り、幸運を願う“という魔除けやおまじないの意味があるため、とても縁起の良いものとなっています。

また、花びらだけでなく、白い羽が舞うフェザーシャワー、お米を撒くライスシャワー、ハートや星の形をした紙を混ぜて行うなど、様々なシャワー演出を行うことができるのでとても人気があります。

挙式後に行う花の演出*フラワーシャワーを結婚式に取り入れよう!|DIAER [ディアー]
欧米の伝統的な習慣が日本にも伝わり、結婚式の定番となっている『フラワーシャワー』を知っていますか?多くの新郎新婦が選ぶ人気演出であるフラワーシャワーの素敵な意味、歴史、花びらと○○○をMIXする素敵なオリジナルのフラワーシャワーのアイディア、相場や節約方法などをたっぷりご紹介します♫

チャペルに合う新郎新婦の衣装とは?

ウェディングドレス

Fotolia 127805128 xs

教会式では花嫁はウェディングドレスを着ることが一般的です。チャペルにふさわしいウェディングドレスには様々な種類があるので、新婦さんのスタイルや好みに合ったドレスを選ぶことができます。

■Aライン
もっともシンプルで人気が高いのが「Aライン」と呼ばれるウェディングドレスです。ドレスのスカートが裾に向かうほど広がっているタイプで、名前の通りアルファベットのAに似たシルエットとなっています。上品でシンプルなドレスで、どんな体型の女性にも似合うように作られています。

■プリンセスライン
「プリンセスライン」はまるでお姫様のように可愛らしくて優雅なドレスです。ドレスのスカートがAラインよりも大きく膨らんでいるため、妊婦さんでも楽に着ることができます。可愛らしいデザインとなっているので、小柄な女性にも似合います。


■マーメイドライン
名前の通り、まるで人魚をイメージさせるようなデザインとなっているのが「マーメイドライン」です。体にフィットするように作られており、女性らしいシルエットを強調してくれます。大人っぽくて上品なドレスをイメージしている方にお勧めです。


■エンパイアライン
シンプルで上品な作りの「エンパイアライン」は落ち着いた雰囲気のウェディングドレスです。胸から下がスカートになっており、ストレートなシルエットが大人っぽい印象を与えますが、マーメイドラインと違って可愛らしさを兼ね備えているドレスとなっています。年齢や体型に問わずに着こなせるドレスです。


■スレンダーライン
「スレンダーライン」は名前の通り、細身でスレンダーな印象を与えるウェディングドレスです。スカートに広がりがなく体にそったデザインとなっているため、細身な女性によく似合います。

タキシード

Fotolia 129771078 xs

教会式での新郎の衣装はタキシードが基本となります。タキシードとは教会式以外でも着られる男性用の礼服のことで基本的にはスーツと同じですが、平織りで光沢のある生地が使われており、色は黒がメインとなっています。タキシードに合わせて黒いネクタイや蝶ネクタイを着用し、エナメルの靴を履きます。

また、フロックコートと呼ばれる着丈の長いジャケットや、燕尾服と呼ばれることもあるテールコート、着丈が長く存在感が強調されるロングタキシードなどを着用することもできます。

かかる費用はどのくらい?

Fotolia 117486887 xs

教会式の費用は式場によって違ってきますが、まず会場代は「5万〜10万円」ほどが相場となっています。

教会式にはいくつかオプションがあり、まずチャペル装花は「3万〜5万円」で、式場によっては会場代に含まれていることもありますが、造花の可能性が高く、生花を選びたい方は3万〜5万円ほどかかると考えておくといいです。聖歌隊や生演奏は「2万~10万円」、挙式後のシャワー演出はゲストの人数次第で「1万〜2万円」が相場となります。

まとめ

教会式は日本でも最も一般的で人気の高い挙式スタイルです。純白のウェディングドレスが着たいという花嫁や様々な演出を入れたいカップルなど、様々なニーズに合わせた結婚式を挙げることができます。

挙式を挙げるチャペルの雰囲気は、式場それぞれに個性があります。教会式を挙げてみたいカップルは様々な式場にまわってみて、ふたりのイメージに合うチャペルで素敵な教会式を叶えましょう。