挙式後に行う花の演出*フラワーシャワーを結婚式に取り入れよう!

欧米の伝統的な習慣が日本にも伝わり、結婚式の定番となっている『フラワーシャワー』を知っていますか?多くの新郎新婦が選ぶ人気演出であるフラワーシャワーの素敵な意味、歴史、花びらと○○○をMIXする素敵なオリジナルのフラワーシャワーのアイディア、相場や節約方法などをたっぷりご紹介します♫

目次

フラワーシャワーとは?

Fotolia 96761259 xs

フラワーシャワーとは、キリスト教式や人前式の挙式後、チャペルの外もしくはバージンロードを歩いて退場する際に、新郎新婦に向けてゲストが花びらを撒いて盛大に祝福する儀式のことです。フラワーシャワーには、“花の香りによって辺りを清め、幸せを妬む悪魔や災難からふたりを守り、幸せを祈る“という素敵な意味が込められています。

フラワーガールも“清め“の意味が込められている♡

挙式前に登場するフラワーガールも、祝福とともにバージンロードを清めるためにカゴに入った花びらをまきながら花嫁を導きます。

フラワーシャワーの起源

Fotolia 93149154 xs

フラワーシャワーは古代ローマが起源とされ、もともとはライス(米)シャワーと呼ばれていました。ライスシャワーは豊かさのシンボルであった小麦を“食べ物に困らないように““子宝に恵まれるように“と幸せの願いを込めて振り掛けていたことが始まりです。小麦からライス、そして後にフラワーシャワーへと変わっていくのです。

フラワーシャワーはいつするの?

Fotolia 87599013 xs

挙式後のアフターセレモニーとして、色鮮やかな花びらが舞うフラワーシャワーは感動的で大人気です。海外挙式をして国内でお披露目会をする際のパーティーの新郎新婦退場シーンなどにGOODです!生花でなくても、造花をお花の香りがするフレグランスをかけておくと、ふわっといい香りがしておすすめです。

大人気!お花×〇〇○シャワーのアイディア

Fotolia 121641378 xs

近年、フラワーシャワーと他のシャワーと組み合わせたオリジナルシャワーが大人気!普通のフラワーシャワーよりもオリジナリティであふれる演出にしたい方は必見です。

お花×リボンシャワー

お花×リボンシャワーはとびっきりキュートなブライダルシャワーが完成します♫カラフルなお花とカラフルなリボンはバージンロードを華やかに飾ってくれます。たくさんのリボンが強い縁を結んでくれるはずです。

お花×バブルシャワー

小さい頃、誰もが一度は遊んだことのあるシャボン玉でバブルシャワーを演出♫お花とシャボン玉の組み合わせはきっと幻想的で綺麗なブライダルシャワーを演出できるに違いありません。お子様も楽しく参加できるはずです。

お花×パールシャワー

ホワイトのパールは新婦の純粋無垢な色を現わしています。そしてパールには健康長寿の意味が宿されており、来てくれたゲストへの感謝の気持ちも表せますね♫パール単体だと小さすぎるので、レースやチュールなどに包むと華やかなお花と同じくらい目立ちます。

お花×グリッターシャワー

キラキラと魔法のような煌めきを持つグリッターで会場をキラキラと輝かせましょう。青空のもとお花とお花の間からきらめくグリッターが新郎新婦をもっと輝かせてくれます♫

お花×スターシャワー

スターシャワーを上から撒くとまるで流れ星や星屑が落ちてきているような演出に・・・。下に落ちた星達が新郎新婦、ゲストのこれからの歩みをキラキラと輝かせてくれるはずです♫折り紙や画用紙などで作ると手作り感があり温かいスターシャワーになります。

お花×フェザーシャワー

羽(フェザー)は天使を彷彿とさせるアイテムと言われています。天使は災いや悪魔から二人の身を守り幸福へ導いてくれる守護神と言われているので、ふわふわの天使の羽が二人を末長く幸せに導いてくれそうですよね♫二人が通り過ぎたあとの道も神秘的で素敵です。

お花×ミッキーシャワー

お花の中にミッキー型のペーパーを一緒にMIX♫ディズニーが好きな方はもちろん、お子様まで楽しめるミッキーシャワーはまるで魔法をかけてくれそうですよね。画用紙などで簡単に作れちゃいます。また、ミッキー型のペーパーに感謝のメッセージを込めるとゲストも嬉しいですよね。

お花×コンフェッティ

コンフェッティ=紙吹雪と呼ばれています。折り紙をハートや四角、丸、銀紙テープなどを好きな形に切り自分たちの好きなコンフェッティを完成させる事ができます。カラフルな色にするとポップな印象になり写真映えもばっちりです♫

フラワーシャワーの平均予算

Fotolia 33518696 xs

生花を使ってフラワーシャワーを行う場合は1万円前後です。ゲストの人数によって多少変わりますが、一人一人に配るフラワーを入れるカゴ代もこの中には含まれます。また、終わったあと、次の新郎新婦のために清掃もするのでその料金も含まれます。

フラワーシャワーを節約する方法

生花を使用したい場合は結婚式場などでは頼まず花屋さんやネットショップなどで購入すると節約になります。また、生花にこだわりがないのであれば造花を使う事で節約にもなります。造花は綺麗に回収することで家に持ち帰ることもできたり、再利用ができるメリットもあります。

まとめ

フラワーシャワーは新郎新婦もゲストも楽しみのアフターセレモニーです。花びらだけの定番のフラワーシャワーでも良し、自分たちの好きなシャワーアイテムをMIXしてオリジナルのフラワーシャワーにしても良し、二人らしいフラワーシャワーを楽しみましょう♫

また、フラワーシャワーが終わったあとの掃除が大変ということでNGの式場もあるので、フラワーシャワーをしたい方は式場選びの時にあらかじめスタッフに聞いておくことをおすすめします。

ぜひ憧れのフラワーシャワーを叶えてください♡