貧乳・胸小さい花嫁のためのウェディングドレス選びと着こなし方!

胸がなくて貧乳がコンプレックスという女性も美しく着こなすことができるウェディングドレスは沢山あります。そして胸小さくてもうまく着こなしができるようになれば、怖いものなし!この記事ではおすすめのウェディングドレスの種類や選び方、胸元をボリュームアップさせる方法などをご紹介します。

目次

胸の悩みサヨウナラ。運命のウェディングドレスを見つけよう!

Fotolia 139488614 xs

挙式披露宴で着るウェディングドレスは女性にとって憧れであり、一世一代の晴れ舞台だからこそ妥協することができないところです。

「胸がないからウェディングドレスは似合わなそう」
「着たいドレスがあるけど胸元が空いてしまう」
「胸元が貧相になってしまう」

胸は小さいことがコンプレックスで、このように悩んでいる花嫁さんは多いはず。確かにウェディングドレスは〝胸で着る〟と言われていて、胸の大きさに合わせたドレスを選ぶことが大切になります。

そもそも、小胸に合わないドレスとは?

Fotolia 51581690 xs

ウェディングドレスは首から胸元にかけたデコルテが強調されたものが多く、“ネックライン“が一番注目を集める部分になります。

胸が大きめの人はデコルテが強調するドレスを着るとより女性らしく魅せることができますが、胸が小さめの人は大きめの人よりもデコルテ部分が比較的痩せているため、強調させると逆効果で、ちょっぴり貧相に見えてしまう可能性もあります・・・。

胸が小さくてもドレス姿を美しく着こなすためには、ネックラインのデザインに気を付けることが大切です。そのため鎖骨まわりを大胆に出すビスチェや、広く開いた胸元をハート形にカットされたハートカットタイプのウェディングドレスは、胸が小さい人が着こなすのはとても難しいのです。

小胸さんに似合うウェディングドレスの種類

ハイネックのウェディングドレス

Fotolia 147204054 xs

デコルテの部分を隠すタイプのウェディングドレスがイチオシです。ハイネックと呼ばれるものはデコルテがうまく隠してくれて、それでいてエレガントさを演出することができます。胸のある人がこれを着ると太って見えてしまうことから、胸が小さめの方にうってつけです。それでいて、デコルテの部分がレース、もしくは透けているシースルーの素材のドレスを選べば、素肌が見えて窮屈感もなくなります。最近ではこのレース部分の刺繍にこだわりを持ち、優雅に見せようとする花嫁も多いです。

ボートネックのウェディングドレス

Fotolia 145535826 xs

ボートネックとは、首元がボートの底のような形になっているデザインです。ネックラインが浅く広がっていて鎖骨まわりの露出が少なく、クラシカルな雰囲気と気品のある女性らしさを強調してくれるデザインでもあるのです。ボートネックは胸が大きい人には似合わないので、胸が小さい人だからこそ着こなすことができ、むしろ特権とも言えるウェディングドレスです。

どうしてもビスチェを身に着けたい...!

Fotolia 147301947 xs

どうしてもビスチェタイプを身に着けたい、谷間とデコルテを見せるハートカットが着たいという花嫁さんは、〝胸元をふっくらさせるブライダルインナー〟を選びましょう。ブライダルインナーを着るとウエストが細くなるのでバストを強調させることができ、バストの位置が高くなることでバストラインがきれいになるというメリットが生まれます。

花嫁専用の下着であるブライダルインナーは、女性らしいふっくらと丸みのある胸の形にしてくれるので、小胸が気になる花嫁さんにとって心強い味方となるので着用必須です!

それでもボリュームが足りないときは?

ブライダルインナーを着用しても胸元がパカパカする・・・その場合はあるアイテムと併用して、ボリュームアップしてふっくらした胸元が手に入れましょう。

1つ目は【インナーにパットを入れる】方法です。大体のウェディングドレスにはドレスの方にパットを入れられるような作りになっています。なので落ちる心配がなく、胸元部分に厚みがでるので、花嫁たちが最も実践している方法です。ドレスサロンでパットを貸し出してくれるところもあれば、自分で用意しないといけないところもあるので、試着の際に確認しておくといいでしょう。

2つ目は【ヌーブラを使う】方法です。デコルテを出すファッションに最適な肌に直接ピタッと貼るシリコン製のブラ。ヌーブラなら自分にとってベストな位置にくっつけることができるので、自然な谷間をつくることができます。ただし、汗をかくと剥がれやすくムレやすいので、夏に結婚式を挙げる花嫁さんはなるべく避けたほうがいいでしょう。

小胸さんも美しく着こなせるビスチェドレスの種類

ウエストラインが強調されるウェディングドレス

Fotolia 83946864 xs

ウエストラインを強調させることで小さな胸が目立たなくし、全体のバランスを整えてくれます。ウエスト部分に絞りがあるウェディングドレスを選べば、Aラインやプリンセスラインなどの人気のドレスラインを着こなすことができるようになります。

スカート部分にボリュームがあるウェディングドレス

Fotolia 136411914 xs

ドレスのラインから選ぶなら、プリンセスラインやベルラインがおすすめです。スカート部分にボリュームがあるデザインなら上半身よりも注目を集めることができるので、胸が小さいと花嫁さんにも合います。

胸元にボリュームがあるウェディングドレス

Fotolia 60670028 xs

胸元にギャザーが入っているものや、リボンや刺繍などが施されたデザインなど、胸元にボリュームを出したドレスもおすすめです。華やかな印象になるので、ゴージャスにみせたい花嫁さんは候補の1つに入れておくといいでしょう。

式に向けて胸元〜デコルテのエクササイズを行おう!

Fotolia 107125628 xs

式までの数ヶ月間、小胸さんだけでなく美しいデコルテを作るためにエクササイズをしている花嫁も多いです。上半身の筋肉をつけていくエクササイズやマッサージなどを行うことによって、きれいなデコルテラインを手に入れるとともに、バストアップ効果にも繋がります。

今日から試して数日間ではなかなか効果を出すのは難しいですが、数ヶ月間もかけられるからこそ胸に自信を持つようになれる絶好のチャンスです!空いた時間に簡単にできるエクササイズを日常的に実践してみましょう。

まとめ

小胸がコンプレックスであったとしても、胸が小さめだからこそ着こなすことができるウェディングドレスもたくさんあり、また胸元自体のボリュームをアップさせるブライダルインナーや合わせてパットやヌーブラを使って胸を大きくするなど、工夫次第で着てみたいドレスを着こなすことが可能にもなります。

今の自分を最も美しく魅せるウェディングドレスを選んで素敵な結婚式を迎えてください♩