結婚にはどのくらいお金が必要か知っておこう!

婚約、結婚式、新婚旅行、新居への引越しetc...準備を進めていくと様々な場面でお金が必要になってきます。結婚にかかるお金って一体いくらなの?結婚式の平均金額はどのくらい?お金の分担方法はどうしたらいい?上手にやりくりする貯金の仕方など、わからないことがたくさん。今後必要となる結婚資金(結婚費用)に関して、今からしっかり知識をつけておきましょう!

目次

結婚に必要なお金ってどのぐらい?

Fotolia 138955085 xs

将来のために貯金をしているカップルも多いのでは?婚約から新居への引越しまで多くの費用が必要になり、これらをすべて含めたものが結婚資金(結婚費用)。婚約から新婚旅行までにかかる費用は全国平均「469.7万円(2016年度調査)」となっています。

結婚式の費用などに関しては親からの援助などもあると思いますが、ふたりで最低「300万円以上」を目安に、計画的に貯金をしましょう。

結婚資金の基本内訳

【婚約関連】
■結納(14.2万円)
■顔合わせ(6.3万円)
■婚約指輪(35.9万円)
etc...

【結婚関連】
■結婚指輪(24.3万円)
■挙式・披露宴(359.7万円)
etc...

【新婚旅行】
■旅行代 (61.6万円)
■お土産代(11.2万円)
etc...

【新生活関連】
■引越し代・家具購入(72.3万円)
etc...


※結納の有無、結婚式の内容、ハネムーン先によって金額が異なります。

※記載している平均金額はゼクシィ結婚トレンド調査2016調べ(リクルート社調べ)を参考にさせていただきました。

最も額が大きい結婚式の費用について

Fotolia 94729630 s

結婚資金(結婚費用)の中で一番比重を占めるのが「結婚式」に関する費用です。地域によって結婚式の費用が異なりますが、全国平均では359.7万円。結婚式を行う際に親・親族からの援助があった割合は72.6%、援助総額は166.9万円で、援助を受けたカップルは受けなかったカップルと比較すると、結婚式にかける費用が高いというデータが出ています。

結婚式を挙げるのに400万円近くもかかるの!?って思いますが、ここで考えたいのがご祝儀がいくらになるかというものです。ご祝儀総額は232.3万円で、カップルの自己負担額は143.2万円。このように、たいていのケースではご祝儀である程度の工面をすることができ、場合によってはご祝儀でプラスになることもあります。ご祝儀の予算をある程度見込んだ上での計算も大切ですが、ご祝儀だけをあてにならないように予算を組んでいき、計画的に貯金をしていきましょう。


※記載している平均金額はゼクシィ結婚トレンド調査2016調べ(リクルート社調べ)を参考にさせていただきました。

Check1:事前に結婚式費用の準備を!

最近では多くの結婚式場が後払いやクレジットカードで支払えるようになってきていますが、前払いのところがほとんどなため、あらかじめ結婚式に必要な金額分を用意しておきましょう。また、結婚式当日にお車代やお礼などを渡す準備を忘れずに。

※前もって式場側に支払った内金を差し引いた全額を振り込む形になります。

Check2:予算オーバーならないように上手にやりくりを!

打合せしていくにつれて、結婚式のイメージが掴んでいくことでやってみたいことが増えていき、披露宴の演出やドレス・料理のランクアップしたりと、ついつい予算オーバーになりがちになってしまうところ。「お金が足りなくなってしまった」なんてことがないように、お金をかけるところや削るべきところをしっかりメリハリをつけて結婚式費用のやりくりを。

また、結婚式の費用359.7万円はあくまでも平均。地域や時期によって金額が変動し、比較的に安く済むこともあります。

結婚資金の分担の仕方

Fotolia 117346530 xs

最もデリケートな問題である結婚資金の分担や割合に関して。金銭感覚や考え方の違いで後から揉めたりすることがないように、ふたりだけでなくお互いの家族と共に話し合うことが不可欠。分担方法を決める時期は「結納・顔合わせ食事会」の時がベストです。

分担方法① 折半+各自負担の組み合わせ

式に招待するゲスト人数の差、新郎新婦の衣裳代の差、そういった違いがトラブルの元となるポイント。料理や引き出物は「ゲストの人数割り」、衣裳などの新郎新婦それぞれの費用かかるところは「各自負担」、共通する内容は「折半」にするなど、両家の出費に不公平にならないためにも、このように組み合わせるカップルが増えています。

分担方法② 新郎新婦で折半

新郎新婦5:5で折半にするケースは、結婚が決まった時点で家計は1つにしたい、そもそも親・親族は介入しないカップルに多いです。その際は、お互いに意志をしっかり持って話し合っていきましょう。

分担方法③ 新郎側が多めに負担

6:4、7:3で新郎側が多く負担するケースもあります。この場合は“男だから““嫁をもらう側が多く出すべき“だからと無理はしないことです。また、衣裳代などが高いことから新婦側が多く負担するというカップルもいます。

どちらかが多めに負担するならば、今後の両家の付き合いやふたりの生活のことを考えながら、時間をかけて話し合いましょう。

結婚資金の貯め方

Fotolia 83237893 xs

家族だけで結婚式を行う、そもそも結婚式を挙げない、新婚旅行は後にして結婚資金を削ってしまうというのも1つの手ですが、結婚に関する可能性だけでなく別の可能性を模索することができるように必ず貯金をし、まとまったお金を貯めておくことをしておけば、結婚式のバリエーションなどを増やしていくことができるようになります。

貯金方法① 結婚資金用の口座を開設

結婚が決まったら、ふたりの「結婚資金用の口座」を開設すると良いでしょう。お互いの貯蓄、両家からの援助金、お祝い金など、資金にまわせるお金を1つの口座にまとめておくことで貯金へのモチベーションが上がります。また、婚約〜式終了まで様々な支払いがあるため、専用口座を作ってお金を管理すると、とっても楽で便利なもの。

まったく貯金がないカップルの方も共通口座を作り、毎月決まった額を決めて、簡単には引き出せない定期預金で目標額を目指してコツコツと貯めていきましょう。

貯金方法② お金の使い方を見直す

普通に貯金をしていくだけでは足りない場合、生活費などのお金の使い方を徹底的に見直しましょう。

■「同棲」をして家賃代を削る
お互いに一人暮らしならこの方法がおすすめ。ただ単に貯金が貯まるだけでなく、結婚後の生活の予行練習にもなるのでメリットがあります。

■「自炊」をして食事代を削る
ランチをお弁当にしたり、買い物の仕方を変えていくだけでコツコツと貯金が貯まっていきます。節約と同時に料理の勉強にもなるので一石二鳥ですね。

■「月々の生活費を一定」にする
日々生活していくのに食費やデート代など様々な出費があります。貯金が貯まるまで月いくらで過ごすと明確に目標を決めてやりくりをしていきましょう。この時、無理のない上限を定めること。余りのお金が出たら結婚資金に回ることもできるので、ふたりで協力し合って挑戦してみては?

まとめ

結婚資金を貯めていく間、少し我慢しないといけないこともあったりすると思います。ストレスが溜まらないように、自分たちのスタイルにあった方法で毎月コツコツと貯めていくことが大切です。

ご紹介した内容を参考にふたりでしっかり考え、親が負担してくれる場合は結納や顔合わせをする時などに、なるべく早い段階で結婚資金に関して話し合っていきましょう。