結婚式は和装で臨みたい!和婚花嫁のための着物の基礎知識

せっかくの結婚式、日本人として生まれてきたからこそ伝統的な婚礼衣装を着たい!古くから伝統を受け継ぐ和装の美しさに魅了され、近年和婚がブームとなっています。花嫁たちの着物選びのヒントになるために、和装の種類、柄、小物、髪型、衣装選びのスケジュールなど、和装の基礎知識を紹介します。

目次

日本女性の奥ゆかしさ感じる和装。

Fotolia 126194302 xs

日本人だからこそ似合う日本伝統の婚礼衣装。沢尻エリカさん、関根麻里さん、優香さん、藤原紀香さんなど、多くの芸能人が自身の結婚式で和装を選び、近年の和婚ブームはそんな芸能人たちの影響もあるのではないでしょうか♩

神前式、仏前式、人前式などの和の挙式、披露宴のお色直しに和装を着て結婚式を挙げたい花嫁の皆さんは、まずは和装衣裳の基礎知識を知っておきましょう。

それを知ることで、衣装選びをスムーズにこなすことができ、きっと役立つはずです。

和装衣裳の種類

和装もウェディングドレスのように様々な種類があるので、どんな着物があるのか、どんな時に着るのかを知っておくと選びやすくなります。

白無垢

Fotolia 127013486 xs

白無垢(しろむく)とは、打掛、掛下、帯、小物や草履等身に着ける物すべてが白で統一された和装の正礼装のこと。単純に白と言えども、実はたくさんの色味や柄はあります。

「邪気を払う」「相手の家の色に染まります」という意味が込められていて、神社や神殿で行う神前式の衣裳として最も人気があり、和装衣裳の中でも最も格が高いと言われています。

白無垢は、綿帽子や角隠しをつけて神前式に臨むのが一般的です。

打掛け[色打掛け]

Fotolia 128844437 xs

打掛け(うちかけ)は、小袖の上からもう一枚着物をかけたものであり、室町時代以降の女性の礼装とされたていたもので、刺繍や箔押しなどが施された優雅な和装衣裳です。

色の種類が豊富で、シックなイメージにしたい人は黒・金銀・紫・濃い緑。可愛いイメージにしたい人は赤、ピンク、黄色がおすすめです。また、会場の雰囲気やテーブルクロスなどの色味を考えながら選ぶ花嫁も多いです。

挙式・披露宴とも打掛け、もしくは挙式は白無垢、披露宴では打掛けにするパターンがあり、挙式に打掛けを着る際は角隠しをつけて臨みます。

引き振袖

Fotolia 87797420 xs

引き振袖とは、振袖の裾を引くようにした衣裳のこと。振り袖の中でも、おはしょりをせずに着る婚礼衣裳であり、白無垢や打掛と違って帯を巻く。

その昔、武家の花嫁が来ていたと言われ、黒地の振袖(黒引き)が一般的でしたが、最近は様々な色の引き振り袖があります。

お色直しに人気のある和装衣裳ですが、挙式に着る際は角隠しをつけて臨みます。

和装衣裳の柄

Fotolia 97991797 xs

白無垢、打掛け、引き振り袖には、それぞれ着物に柄(模様)があります。柄選びも衣裳選びのポイントの1つなんです。

*柄の例*
■鶴(ツル)
特に白無垢に多い鶴の柄。生涯同じパートナーと過ごす鶴の習性から“一生添い遂げる“という意味と、“長寿“の意味が込められています。

■梅(ウメ)
寒い冬からスクスクと育ち、春一番に咲く花。その忍耐力と美しく咲かせる花姿から、“安産祈願“が込められています。

■牡丹(ボタン)
まん丸の蕾から大きな花を咲かせる牡丹。牡丹の花言葉である「早く根をはる」ことから、“嫁ぎ先に早く慣れて染まる“という願いが込められています。

■鳳凰(ほうおう)
古来中国の伝説の鳥。平和が訪れると現れる瑞鳥と言われ、とても豪華な文様です。

和装衣裳の小物

ウェディングドレスと同じく、和装に合わせる小物がいくつかあります。花嫁のウェディングベールと同じ役割を果たす綿帽子と角隠し、和装姿をより美しく特別感を演出する小物類を紹介します。

綿帽子

Fotolia 67569428 xs

綿帽子(わたぼうし)は、花嫁の頭の上から被る白い布のこと。本来白無垢でしか身に着けることが出来ないもので、角隠しよりも昔からあったとされているんです。婚礼が終わるまで花婿以外に顔を見せないという意味があり、実際に大きな綿帽子を深く被ります。

白無地が定番で、今では刺繍を入れたもの、ベールのように透けたオーガンジーの綿帽子、赤い布を裏打ちされたものなど、デザイン性のある綿帽子もあります。

角隠し

Fotolia 86358999 xs

角隠し(つのかくし)とは、文金高島田のかつらにかける帯状の白い布のこと。白無垢、打掛け、引き振袖にも合う被り物で、「角を隠し、嫁ぎ先の従順に従う」という意味があります。

白無垢が一般的ですが、赤い布を裏打ちしたものや刺繍を入れた角隠しもあります。

その他小物類

Fotolia 103814993 xs

今でいう化粧ポーチのような身だしなみを整えるものを入れた「はこせこ」、花嫁の持つ扇子の「末広」、裾を引きずらないように着物を固定させる「抱え帯」、武家の娘が護身用として身につけていた胸元にさす短刀の「懐剣(かいけん)」など。

江戸時代の時と同じように、和装小物を取り入れます。

和装衣裳に合わせる髪型(ヘアスタイル)

Fotolia 137675479 xs

■文金高島田
和装を着る際のかつらのこと。文金高島田は上流階級の娘がフォーマルな席で結ったものであり、格が高いとされ、最もスタンダードな日本髪です。文金高島田の上に綿帽子や角隠しをのせます。

■新日本髪
かつらを使わずに地毛で結う日本髪のこと。あえて茶色の髪を見せることで自然体の美しさを演出でき、べっ甲のかんざしや生花をつけて華やかにする注目の髪型です。

■洋髪
夜会巻き、編み込み、お団子など、洋風の髪型のこと。どんな和装にも洋髪は合い、かつらや日本髪が似合わない...という人でも安心です。綿帽子をかぶったり、生花などのヘッドドレスをつけたりと、挙式と披露宴に合わせて髪の飾り付けを楽しめます。

衣裳選びのタイミングはいつ?

Fotolia 121103480 xs

和装選びはいつから始めるべきか。まずは「挙式6か月〜4か月前」までに衣装を試着し、「挙式3か月前」までに衣装を決定するのがベストです。

ウェディングドレスと同じように、和装もたくさんの種類とデザインがあり、その中から選ぶには非常に時間がかかるものです。大切な結婚式だからこそ、余裕のあるスケジュールで行動するようにしましょう。

また、4〜5月、10月〜11月、大安・友引を選ぶカップルが多いため、人気のある衣装はすぐに予約で埋まってしまいます。式場が決まったら早めに衣装選びを始めておくといいです。

まとめ

挙式はウェディングドレスで披露宴のお色直しで和装を着たい人も多いはず。ですが洋装から和装へのお召し替え時間が長くなるため、何度かお色直しがあると、披露宴会場にいる時間が減ってしまい、ゲストと会話する機会が少なくなります。何着か衣装を着たい場合は、前撮りやフォトウェディングに和装着るのも手です。

花嫁にしか身に着けることが出来ない和装衣裳、特別な日だからこそ着てみてはいかがでしょうか。お気入りの和装に身を包んで、大切なゲストと素敵なひとときを過ごしましょう♩