種類、爪の形はどれにする?ブライダルネイルで花嫁の指元をキレイにする方法♡

花嫁の手元を華やかにしてくれるブライダルネイルは欠かせないですよね♫マニキュア、ジェルネイル、チップ・・・とどれにするか迷います。爪の形もラウンドタイプ、オーバルタイプ・・・と種類もたくさんあります。まずはどのネイルの種類にするのか、ネイルの種類と爪の形、そして爪を綺麗に保つお手入れ方法もご紹介します。

目次

ブライダルネイルとは?

Fotolia 83774622 xs

ブライダルネイルとは花嫁さんが結婚式の際に爪にアートなどのデザインを施す事です。花嫁さんは結婚式当日、指輪の交換やケーキ入刀などたくさんの方に色々な角度から写真を撮られるので美しく見せるためにネイルを施します。職業柄、普段ネイルができない方もこの時だけはネイルを楽しめます。ウェディングドレスに合わせるネイルなのか、お色直しにも合わせられるネイルなのか花嫁さんにとっては楽しい悩みの時間ですね♫

ネイルはいつからする?

Fotolia 115319747 xs

式直前にもなると式の最終打ち合わせ、エステ、美容室、、、と大忙しの花嫁さんです。ブライダルネイルはネイルの種類によって綺麗に保てる期間は異なりますが、基本的には式の前日〜一週間以内に行う事が理想的です。セルフネイルも素敵ですが、ネイルが苦手な方はせっかくの晴れ舞台なのでプロに任せてみてはいかがでしょうか?その際は余裕を持って予約をしましょう!

ネイルの種類はどれにする?

Fotolia 138929613 xs

*マニキュア*

自爪に直接塗るマニキュア(ポリッシュ)は費用を抑えたい人、ネイルをすぐに落としたい人にオススメです。ある程度の爪の長さがあると指が細く長く見えるので伸ばしておくとGOODです!自分で簡単に塗ることができること、サロンで1時間以内でお手軽な値段で出来ることも魅力です。

*ジェルネイル*

自爪にジェルをのせてUVライトで硬化させるジェルネイルは結婚式後もそのままネイルを楽しみたい人にオススメです。ネイルのツヤとカラーの保ちが良く花嫁に大人気です!デザインの幅が広くネイルを楽しめます。爪の強度がアップするので爪が弱い方や薄い方にぴったりです。

*スカルプチュア*

自爪の上にアクリル素材で人工爪を形成して長くするスカルプチュア。爪を長くしたい人、アートネイルを楽しみたい人にオススメです。長さや形を自分好みに自由に調節!二枚爪で長く伸ばせない方でもでき、見た目はジェルネイルと変わらずネイルを楽しむことができます。スカルプチュアはサロンでしか落とすことができないので、式の間とれる心配はありません。

*チップ*

あらかじめデザインされているチップ(付け爪)はサロンに行く時間がない人、ネイルをすぐに落としたい人にオススメです。専用の接着テープなどで爪に付けるスタイルなので、自分で手軽に取り外しができ、自爪に負担が少ないです。デザインの種類が豊富で、お色直しの時にネイルチェンジにもベスト!

ネイルの爪の形はどれにする?

Fotolia 120037874 xs

*ラウンドタイプ*

サイドはストレートで爪先が丸い形になっていて、自然体に近いラウンドナチュラルな形なので、どんなネイルアートにも合います。爪だけが主張しすぎず女性らしい印象になります。自爪が大き方にぴったりです。

ジェルネイル・マニキュアに最適。

*オーバルタイプ*

ラウンドより角を削り、側面と爪先を丸みをつけた卵型のオーバルを長くみえる形で、指先をきれいに長く見せてくれます。自爪が小さい方にお勧めです。

ジェルネイル・マニキュアに最適。

*スクエアタイプ*

爪の根元から先端まで同じ幅の、先端の両端が四角いスクエア強度があり、爪が平べったい人にベストです。

ジェルネイル・マニキュアに最適。

*スクエアオフタイプ*

スクエアより少し角に丸みのあるスクエアオフスクエアより角がひっかかる心配がなく、比較的折れにくく丈夫な形です。爪が長い方短い方にお勧めです。

ジェルネイル・マニキュアに最適。

*ポイントタイプ*

オーバルより角を削り、先端をとがらせたポイントタイプです。普段と違う雰囲気で楽しみたい人、遊び心あるネイルをしたい人におすすめです。爪に横幅を少しでも細く見せたい方にぴったりです。

スカルプチュアに最適。

日頃から爪のお手入れは欠かさずに!

%e7%be%8e%e5%ae%b9%e3%83%bb%e3%83%8d%e3%82%a4%e3%83%ab

美しいブライダルネイルを実現するには、日頃からのお手入れが物を言います。日頃から保湿をして置くことが大切です。乾燥をする前に爪用のオイルやハンドクリームを塗る事で保湿されます。水仕事をしたあとは特に乾燥するので必ず保湿をしましょう!また、外側だけではなく、食生活でもタンパク質・ビタミン・ミネラルを内側から摂る事で弾力のある爪を綺麗な爪が保たれます。日頃からのケアが大切です。

まとめ

いかがでしたか?ネイルの種類や爪の形もたくさんあります。爪の形ひとつで印象も変わります。また生活スタイルに合せて、ネイルの種類を選ぶことがポイントです。短い爪の人も深爪の人も、自分好みのタイプを選び、種類が決まればあとは楽しみのデザイン決めです♫一生に一度の晴れ舞台。自分だけのオリジナルのブライダルネイルで爪の先まで彩り理想の花嫁になりましょう♫