土日、式当日もOK!結婚式のご祝儀に使う『新札』を手に入れる方法

結婚式に招待されたゲストの皆さん。結婚式に参列する際に持っていくご祝儀には『新札』を用意するのがマナーです!その新札を用意する方法、土日でも確実に入手する方法、いざ必要になった方やうっかり忘れてしまった…という方のための対処法などたっぷりとご紹介*

目次

ご祝儀にはなぜ新札を用意するの?

Fotolia 101353782 xs

「お2人の結婚式を心待ちにしていました!」という気持ちを示すためのもの。新しいお札を用意するのに多少なりとも時間がかかり事前に準備しないと手に入らないことから、結婚式のご祝儀には新札を使用する理由となっています。

新札とピン札の違いとは?

そもそも『新札』ではなく『ピン札』といった似た言葉がありますが、実は2つとも全く違うもの!

■新札…銀行で発行されたばかりでまだ誰も使用していない“未使用“の新しいお札

■ピン札…使用はしているが“折り目・シワが無い“ピンっと綺麗な状態のお札

結婚式のご祝儀にはピン札よりも“新札“を用意しておくのが基本的で大人としてのマナー◎招待状が届いたら、余裕を持って準備して保管しておきましょ!

新札を手に入れる方法とは?

方法① 銀行の窓口

最もポピュラーな方法が『銀行の窓口』。銀行の窓口では随時両替業務を行っているので、持っているお札を新札に両替ができる。ほとんどの銀行は手数料0円で両替してもらえるので、お祝い事に使用する際は一番良い方法です!ただし、窓口は平日の15時までなので、平日会社勤務の方は難しいという点が一つのネック。

※ゆうちょ銀行の場合、両替を行っていない支店があるので事前に確認を。

方法② 銀行の両替機

銀行内にATMとは他に『両替機』が設置されているのでそこで両替する方法も!銀行が営業していない土日でも出来るように備われた機械なので、平日勤務の方や急遽必要になった方にとって便利なサービスで楽に両替することができる。ですが、小さな銀行や支店、大手銀行でも両替機がない場合もあるので、一度銀行に問い合わせをしておくと良いでしょう◎

方法③ 各式場のフロント

専門式場・ゲストハウス・ホテルなど、お呼ばれされた式場のフロントにお願いする方法も。多忙で準備が出来なかった方がここで新札を手に入れることが多く、スタッフが快く両替してくれます。用意しているとはいっても銀行とは違い新札の数に限りがあるので、念のために事前に式場に連絡をしておくと確実◎

方法④ 宿泊先ホテルのフロント

宿泊する方はホテルのフロントで両替をしてもらうという手段も。万が一新札が用意できなかった方のために、サービスの一環として両替サービスをしているところが多い。式場の場合と同じく事前に確認を。

新札が用意できなかった時はどうする?

Fotolia 71033949 xs

両替をする時間がなかった、うっかり忘れてしまったという方のための最終手段。家にある“アイロン“を使って、お財布にあるお札を折れ目とシワのない綺麗なピン札に仕上げる方法を伝授!


***ピン札のつくり方***
① 霧吹き(水)又はアイロンスプレーをお札両面に吹きかける

② 布やハンカチをお札に被せる

③ 上から低温でアイロンをかける(表裏交互に)

紙幣は耐久性が高いため、布やハンカチの上からアイロンをかければOK。このとき出来るだけ折り目・シワが少ないお札を使うことと、必ず“低温“にするように。アイロンをかければ必ずしも新札同様に綺麗になることはなく、使用された旧札を包むよりピン札を用意した方が良いので、あくまでこの方法は最終手段として行いましょう!

コンビニのATMも出来る!?

24時間営業や夜遅くまで稼働してるコンビニのATMで預金を限度額まで引き出して新札を手に入れる方法がありますが、必ずしも新札が入手できるとは限りません。試みる場合はATMの手数料にも注意を!

まとめ

結婚式のご祝儀で新札を選ぶ理由、新札を用意する方法、新札を用意できなかった時の対処法まで紹介しましたが、参考になりましたか??

式目前にワタワタすることがないように、招待状が届いたらなるべく早めに余裕を持って新札の準備をし、結婚する2人の門出を気持ち良く祝いましょう*