日本人には和装が似合う!和婚の人気が再燃!

もともと日本の結婚式は神前式(和婚)がメインでした。それが、チャペル人気に取って代わられ、挙式数も低迷していました。しかし、ここ数年「和婚」を行う芸能人などが目立ち、再び人気に火がつき始めました。

目次

日本人には和装が似合う!

Fotolia 151956678 xs

自国の文化や服装が一番似合います。ウェディングドレスは日本人より欧米人の方が、和装は欧米人より日本人の方が似合います。

結婚年齢の上昇にともない、和婚の人気も上昇

Image 3

和婚の人気に再び火がついた理由のひとつに、結婚年齢の上昇が考えられます。年齢層の高い新郎新婦は「ドレスを着るのが恥ずかしい」「日本の良さが感じられる落ち着いた挙式がしたい」と考える傾向が強いようです。

芸能人の和婚ブーム

Imgf61c307azikazj

出典:image.space.rakuten.co.jp

和婚の人気に再び火がついた理由のもうひとつが、芸能人の和婚です。一般的になったチャペルでの結婚式を避け、厳かな神社で本格的な結婚式を行う芸能人が増え、それが度々ニュースなどで取り上げられました。

積極的になった神社や会場

Photo bigphotogallery10

和婚の低迷で、本気になった神社や会場は積極的に新郎新婦の要求に応えるように、努力をしてきました。たとえば、境内での参進(さんしん)や巫女の舞などを取り入れる、控え室を充実させる、美容室や衣裳店との提携を進めるなどです。ITでの情報発信を積極的に行っている神社もあります。

まとめ

チャペルでの挙式が一般的になった今だからこそ、日本の良さが沢山つまった、和婚を考えてみてはいかがでしょうか。