ゆったりと余裕を持って行動したい。結婚式当日の過ごし方について♪

いよいよ結婚式の当日。今までの準備期間をムダにしないように、慌てないでスケジュールをしっかりと把握して余裕を持った行動をしましょう。とくに新婦は着付けやヘアメイクなど当日は新郎よりも忙しいです。そんな新婦を新郎はしっかりとサポートしてあげましょう。このまとめでは、結婚式当日に余裕を持った行動をするための過ごし方についてご紹介します。ぜひこれから結婚式を控えている新郎新婦は参考にしてみてください。

目次

挙式当日の朝の過ごし方

Fotolia 140972014 xs

早めに起きる

結婚式の当日は、早めに起きて余裕を持って行動しましょう。早起きをすると大切な日を迎えるにあたっての心の準備をすることができます。新婦は身支度に時間がかかるので、挙式の3時間前には会場入りします。

朝食をしっかりとる

挙式の当日は朝食をきちんととることが大切です。披露宴では、新郎新婦はゆっくりとご飯を食べる余裕がありませんので、朝食はしっかりととりましょう。当日は、挙式・披露宴と緊張が続く長い一日になるので、朝食を抜くと空腹で集中できなかったり、気分が悪くなったりすることがあります。ただし、朝から冷たいものや脂っこいものを食べると、腹痛をおこすことがあるので注意します。ちょっとした時間に簡単に食べられるように軽食も用意しておくといいでしょう。また、挙式・披露宴中に頻繁にトイレに行きたくならないように、水分は控えておいた方が良いでしょう。

持ち物をチェックする

持ち物は前日までに完璧に準備をしているはずですが、緊張で用意しておいたバッグを持って出るのを忘れたということもありますので、用意したものをすべて持っているかどうかを入念にチェックしましょう。

式場に到達直後にすること

Fotolia 157391813 xs

⚫︎式場の担当者や係の人に挨拶をする

⚫︎相手の両親に挨拶をする

⚫︎媒酌人は新郎と両家の両親で出迎える

⚫︎支度をする

⚫︎打ち合わせ(リハーサル)をする

⚫︎控え室で親類などをもてなす

当日のタイムテーブル

%e4%b9%be%e6%9d%af

<①会場入り>
・余裕を持って家を出る
・新婦は挙式3時間前くらいに会場入り
・新郎は挙式2時間前くらいに会場入り


<②身支度>
・新婦は控え室でヘアメイク・着付けをする
・着替え前にトイレに必ず行く

<③リハーサル>
・親を交えて最終リハーサルをする
・変更などの確認をする
・式次第の説明も受ける

<④祝電の整理>
・祝電を整理して司会者に渡す

<➄控え室でのおもてなし>
・挙式の参列者へ挨拶をする

<⑥挙式>
・挙式
・新婦は挙式後にお色直し

<⑦披露宴>
・披露宴の前に軽食
・披露宴の前にトイレ
・披露宴

<⑧見送り>
・招待客をお見送り
・媒酌人夫妻へ挨拶とお礼
・後片付けをする
・二次会用の衣装に着替える
・二次会の会場へ移動する

<⑨二次会>
・二次会

まとめ

⚫︎早めに起きる

⚫︎しっかりと朝食をとる

⚫︎水分は控えめにする

⚫︎余裕を持って行動する

⚫︎持ち物の最終チェックをする

⚫︎家を出るときは両親に挨拶をする

⚫︎笑顔を絶やさない

⚫︎感謝を込めて挨拶をする

⚫︎特定の人とだけ話さない

⚫︎姿勢に気を遣う

⚫︎言葉遣いに気をつける

⚫︎行動に気をつける

⚫︎新婦をフォローする