意外とシンプル!?国内&海外リゾートウェディングの準備5step♡

国内リゾート地、海外リゾート地での結婚式♡だけど準備が大変そうで仕事や家事の両立できるか心配…なんて思ってませんか?リゾートウェディングの手配などの結婚式の準備は、実は意外とシンプルなんです!準備の段取りをわかりやすく、5つのステップに分けてご紹介します。

目次

Step1. 挙式エリア・時期・式場決め

%e3%83%8f%e3%83%af%e3%82%a4

【挙式エリア】
どんなロケーションで挙式をしたいか、誰とどんな時間を過ごしたいかをイメージしながら雑誌・インターネットでチェック!国内or海外、海or高原など大体のエリア決めをしましょう。

【時期】
ふたりや家族のスケジュールを確認し、希望日時を決定。人気の会場は早めに埋まってしまうことが多いが仮予約可能な場合もあるので、気になったら早めの予約をしましょう。

【式場】
気になる式場に資料請求、国内なら直接式場に足を運ぶか主要都市で開催される合同フェアなどに参加して相談を。海外は手配会社や旅行代理店への申込みとなります。

Step.2 ゲストを招待

Fotolia 95051277 xs

【ゲスト】
“家族で旅行を楽しみたい““仲の良い友人にも祝ってほしい“など、ふたりが思い描くリゾートウェディングのシーンからゲストの顔ぶれを考えてみましょう。

【招待】
旅行を伴うのでゲストには早めに電話などで声をかけ、検討してもらうこと。特に海外の場合、日取りが決まった時点で打診を。参加の意思を確認してから招待状を送付しましょう。

【宿泊費・交通費】
家族のみ全額負担。旅費の一部負担する、各自にお願いするなどケースバイケース。負担しない場合、ご祝儀はいただかない人が多い。ふたりで話し合って決めましょう。

Step.3 衣裳・写真・アイテム決め

Fotolia 135324606 xs

【衣裳】
国内でレンタルする場合は式場かショップで、海外なら日本か現地でレンタル。自宅近くのサロンや提携店で事前に決めたドレスが現地に届けられる方法が一般的です。

【写真】
国内・海外ともに、式場や手配会社と提携しているフォトグラファーを紹介してもらえる場合が多い。どういうカットが欲しいか事前に細かく伝えて後悔のないようにしましょう。

【アイテム】
ブーケや演出に使う小道具などのアイテムは、現地や提携ショップなどで手配できるのか、購入して持ち込む場合、持ち込み料はかかるかなどしっかり式場に確認しておきましょう。

Step.4 披露宴の進行・演出・ギフト決め

Fotolia 111695430 xs

【進行】
人数が少ない分、料理と歓談中心でもてなす人も多い。ゲスト全員の自己紹介タイムや親への手紙などアットホームな演出を取り入れてメリハリをつけましょう。

【演出】
少人数ならではの和やかなムードを大切に、スパイスとなる演出を。ガーデンを使ったデザートビュッフェや花火など、リゾートウェディングらしい開放的な演出がゲストに好評です。

【ギフト】
宿泊荷物があるのでかさ張るギフトは避けて。重い物を贈る場合は宅配がおすすめ。式場やサロンに相談し、現地でしか買えないスイーツや名産品を用意するのも素敵です。

Step.5 式後の過ごし方

Fotolia 86727963 xs

【式後の過ごし方】
観光スポットなどの現地情報を調べ、ゲストの要望をヒアリングして滞在プランを立てよう。オプショナルツアーなどを楽しみたい人は出発前に予約を入れておくと安心です。

【参列できなかった人への対応】
遠い親戚や友人など呼べなかった人にも結婚報告を忘れずに。お祝いをくださった人へのお礼、休憩中に仕事をカバーしてくれた会社の人へのお土産なども用意しましょう。

まとめ

段取りが意外にもシンプルなポイントが人気の理由の一つ♡ハネムーンも兼ねて挙式をすることが多い国内&海外挙式は、費用も比較的安く抑えられるのも嬉しい♩ぜひ憧れのリゾートウェディングを叶えてください♡