新婚旅行は石垣島!気になる費用、おすすめホテル&観光スポットをご紹介♡

国内でありながら、非日常のリゾート気分を堪能できる島『沖縄・石垣島』!気になる石垣島旅行に必要な費用や移動時間、ハネムーンや結婚記念日におすすめのリゾートホテル、石垣島の人気観光スポット、必ず食べておくべき石垣島のご当地グルメ(名物料理)までたっぷりご紹介します。美しいサンゴ礁の海に包まれて、ゆったりとした島時間を過ごしませんか♪?

目次

石垣島ってどんなところ?

Fotolia 97943578 xs

沖縄県の本島、西表島に続き3番目に大きい島となる石垣島は、人口は約48,000人が暮らしています。

島の周辺は、サンゴ礁の美しい海に囲まれているということもあり、ダイビングやシュノーケリングなどのマリンスポーツが盛んで、一年中多くのダイバーが集まってきます。そんな海の綺麗な石垣島では、沖縄本土に次ぐ人気のハネムーンスポットで、海の近くで遠くを眺めながらゆったりと過ごせたり、マリンアクティビティ以外にも石垣島の粘土でオリジナルのシーサーを作ったり、石垣島ならではの体験など、魅力がたくさんあります。

気候は?

亜熱帯地域に属し、高温多湿で一年中温暖な気候です。
晴れが多いというイメージが強いですが、海に囲まれているので天気が変わりやすいです。夏は日差しがキツいだけで35℃以上の猛暑になることはなく平均が29℃で、冬は15℃以下まで下がらないので「少し肌寒いかな」という感じです。
年間平均気温も24.3℃と過ごしやすいです♪

石垣島までの移動時間はどのくらい?

Fotolia 114098196 xs

■北海道(新千歳)
飛行機:1時間30分(新千歳〜羽田)+3時間40分(羽田〜石垣空港)

■東京(羽田・成田)
飛行機:3時間40分

■大阪(関空)
飛行機:2時間50分

■名古屋(中部国際)
飛行機:3時間5分

■福岡
飛行機:2時間5分

■那覇
飛行機:1時間

石垣島旅行でかかる費用とは?

Fotolia 137771639 xs

沖縄旅行の予算の大半を占めるのが「空港券」+「宿泊代」でしょう。

それ以外に、
■現地でのレンタカー代
■食事代
■おみやげ代
■マリンスポーツやパラセーリングなどのアクティビティ代
■観光スポットの入場料金

などの費用がかかります。

旅行会社のプランを使ってお得な旅にしましょ♪

大手旅行会社のパッケージツアーの内容例

■往復飛行機代
■宿泊代
■食費
■レンタカー代
■アクティビティ代など

旅行会社や航空会社のプランを使ってお得に旅を楽しみませんか?

カップルにぴったり!おすすめのリゾートホテル

Fotolia 141833304 xs

ANAインターコンチネンタル石垣リゾート

美しいエメラルドグリーンに輝くマエサトビーチの目の前にたたずむ大規模リゾートです。沖縄料理はもちろん、鉄板焼を始めとした多様なレストラン、ガーデンプール、海で楽しむマリンメニューで解放的なひと時が過ごせます。

ANAインターコンチネンタル石垣リゾート

フサキリゾートビレッジ

琉球伝統の赤瓦を使ったコテージはゲストだけの別荘のようなプライベート空間が流れる。ゲストルームから一歩出るとすぐに海があります。

フサキリゾートビレッジ

バリリゾートin石垣島

全室オーシャンビューでジャグジーバス付きの客室には、バリ直輸入のオーダーメイド家具が配されていて、非日常の時を過ごせます。ペットと一緒にリゾートステイを楽しめるホテルでもあるので、愛犬がいるおふたりはぜひ♪

バリリゾートin石垣島

ビーチホテルサンシャイン

島の西南部に位置するこのホテルは、島内でも珍しく露天風呂付展望大浴場が付いて夕日や朝日を望めて、目の前に広がる大自然に心も体も癒されちゃいます♪
去年6月、新たに全室オーシャンビューの新館『Ocean Garden』が完成し、お部屋のタイプが増えました。素足で気軽に入られるお部屋は、大きな窓から差し込む光と風がより一層リゾートフルなひと時を演出します。


ビーチホテルサンシャイン

沖縄エグゼス石垣島(旧かりゆし倶楽部ホテル石垣島)

石垣島の美しい海を独占できるリゾートホテル。全50室の客室にはリビングと寝室が独立したゆとりのある空間が広がり、開放感あふれる一面のガラス窓から美しい東シナ海を望めます♪他では味わうことの出来ない沖縄エグゼス石垣島ならではの”心のくつろぎとやすらぎ”を提供しています。

沖縄エグゼス石垣島

必ず行くべき!おすすめの観光スポット

Fotolia 123539436 xs

川平湾(かびらわん)

日本百景にも選ばれている川平湾。
遊泳はできませんが、駐車場から歩いて1分のところにグラスボート乗り場があります。海の中のサンゴ礁や魚たちを覗くことができます。

玉取崎(たまとりざき)

太平洋と東シナ海の両方を一度に楽しめる展望台です。
展望台に登る道にはハイビスカスなどの南国ならではの花が咲き誇り、リゾート感が味わえます♪

石垣市公設市場

石垣市内に建つユーグレナモールの中にある3階建ての半地下1階に石垣市公設市場があります。
ここでは、珍しい地元の食材を発見することができます。アーケード街の中にあるので、予定していた場所に悪天候で行けなくなった場合に、ここに行ってみるのもオススメです。

米原海岸

浅い波打ち際からでも魚たちを見ることができるくらい透き通っている綺麗な海岸。
キャンプ場が近くにあったり、アクティビティを思う存分堪能。地元の人からも人気があるスポットです!

青の洞窟

青く輝く美しい石垣島を代表するマリンスポット。
アクティビティツアーを予約して、ガイドさんと一緒にシュノーケリング・シーカヤックが楽しめて、泳ぎが苦手で不安な方でも周りを気にせずのんびり沖縄の自然を楽しめます!

石垣島ならではを堪能!おすすめのご当地グルメ

Fotolia 105024015 xs

■八重山そば
細くて丸い縮れの無い麺に、ダシの効いたほんのり甘みのあるスープ、細切りにした豚肉とカマボコを盛るのが特徴。ピパーツというコショウに似た香辛料とよく合います。

■ミルミル本舗
伊盛牧場直営の自家製ジェラート屋さんは、沖縄の定番味から、変わり種のフレーバーなどさまざまな味を楽しむことができます。

■石垣牛
八重山郡内の自然の中で生産・育成された脂身が多すぎないさっぱりとしたほのかに甘みがあるのが特徴で、石垣牛の握りでいたただいて見てはいかがでしょうか♪

■島どうふ
普通の豆腐の製法とは少し違いがある沖縄の島豆腐は、できたての温かい状態のまま販売することが可能なので、一度そのままで召し上がってみてください!

■島らっきょう
沖縄のらっきょうは小振りで、ニオイがとても強烈です。食べると赤みがあり、風味が独特で一度食べたらクセになること間違いなしです!

まとめ

サンゴ礁の海に囲まれているということもあり、ダイビングやシュノーケリングなどのアクテビティが盛んな石垣島。食べ物も石垣島でしか味わえないものばかりです。
見て♪感じて♪この記事を参考に素敵なハネムーンにしてみてくださいね。